特定保健用食品(トクホ飲料)に含まれていて、ダイエットに効果があるという難消化性デキストリン

糖質や脂質を抑え整腸効果を持っており、身体に安心できる成分ですから、できるだけ効果的に摂りたいですよね。

ところで、難消化デキストリンを使用したトクホ飲料の1日あたりの摂取量の目安は、どのくらいなのでしょうか?

子供たち子供たち

え!?たくさん飲めばそれだけ効果あるんじゃないの?

コカ・コーラのトクホ飲料PLUS(プラス)の成分や効果、味の違いは?

今回は、難消化デキストリンのダイエット方法やトクホ飲料で摂取する場合の1日の摂取量の目安について、まとめていきます。

Sponsored Link

 

難消化デキストリンのダイエット方法

とうもろこしなどに含まれるでんぷんから生成される、水溶性食物繊維の一種の難消化デキストリンには、糖質の吸収を緩やかにすることで、インシュリンの分泌を抑え、糖質が脂質として体内に蓄えることを防ぐ効果があります。

また、食物繊維特有の整腸作用があることから、便秘の防止・解消の効果があります。

これらのことから、難消化デキストリンには、ダイエット効果が期待できるのです。

難消化デキストリンという聞きなれない言葉から、摂取しても問題ないのかという不安の声もありますが、難消化デキストリンは、消費者庁が認める特定保健用食品(トクホ)に広く使用されていますし、アメリカ食品医薬局(FDA)でも、安全な食品として認められているため、安心して摂取できる成分になります。

では、難消化性デキストリンでダイエットするには、どのような方法があるのでしょうか?

トクホ飲料を飲む

最近、テレビCMでも、すっかりお馴染みになった“トクホ飲料”。

消費者庁のお墨付きの“トクホマーク”が目印です。

どこのスーパーやコンビニでも見かけるようになりましたし、自販機でも売っている場合があり、入手しやすくなりました。

その中から、難消化性デキストリンを使用したトクホ飲料をいくつか紹介します。

  • コカ・コーラのトクホ飲料PLUS(プラス)
  • 十六茶W(アサヒ)
  • 三ツ矢サイダーW(アサヒ)
  • キリン メッツ コーラ(キリンビバレッジ )
  • ペプシスペシャル(サントリー)
  • からだすこやか茶W(日本コカ・コーラ)

これらのトクホ飲料は、ペットボトルタイプですから、いつでも好きな時に飲むことができますが、商品パッケージの説明書きに従って飲むことをおすすめします。

お茶だけでなく、炭酸飲料タイプも販売されていますのから、お茶ばかりで飽きた時などに、ちょっと変えてみることもできますね。

サプリメントを飲む

インターネットのショッピングサイトなどでは、難消化性デキストリンのサプリメントが販売されています。

粉末やタブレットと様々な形状で、販売価格や販売量、原産国などが違いますが、食事の前や食事中に飲むことで効果が得られますし、粉末タイプの難消化性デキストリンであれば、食事にそのままかけて食べることもできるため手軽です。

摂取量は、商品によって変わってきますが、1日あたり5g~10gという場合が多いようです。

尚、サプリメントタイプの難消化性デキストリンの場合、食事の際の水分量が不足すると便秘になる可能性があるため、十分な水分と一緒に摂取すると良いでしょう。

Sponsored Link

難消化デキストリン使用のトクホ飲料の摂取量1日の目安

市販のトクホ飲料には、1日に摂取目安量が記載されています。

難消化デキストリンは、水溶性食物繊維ですから、一度に多量に摂取すると、お腹が緩くなる場合があります。

その為、商品ごとの1日の目安の摂取量を守りましょう。

上でご紹介した、トクホ飲料の1日の目安摂取量を載せましたので、参考にしていただけたらと思います。

  • 十六茶W(アサヒ)
    1日1回、1本(250ml)
  • 三ツ矢サイダーW(アサヒ)
    1日1回、1本(485ml)
  • キリン メッツ コーラ(キリンビバレッジ )
    1日1回、1本(480ml)
  • ペプシスペシャル(サントリー)
    1日1回、1本(490ml)
  • からだすこやか茶W(日本コカ・コーラ)
    食事ごとに1本(350 ml)、1日当たり3本

商品パッケージには、1日の目安摂取量の他、各種注意事項などが記載されていますので、必ず読み、正しい用法用量を理解して摂取すると良いでしょう。

また、食事と一緒に摂取する場合は、効果的な飲み方やタイミングは食前食後どっち?かも重要です。

正しい量とタイミングが大事です。

さいごに

ダイエット効果が期待できる難消化デキストリン。

そのダイエット方法は、難消化デキストリンを使用したトクホ飲料やサプリメントを食事の前や食事中に飲むだけと、とても簡単です。

子供たち子供たち

運動をする時間のない、忙しいビジネスマンにはおすすめです!

トクホ飲料やサプリメントには、1日の目安摂取量がありますので、商品の説明書きをよく読んで、正しく摂取することを心がけましょう!

Sponsored Links