最近は、身体に良いと言われるお酢と野菜を合体させることで、更なる効果が期待できるレシピに注目が集まっていますね。

そして、今、最も注目されている酢漬けレシピの中の一つである『レモン酢』!

身体に良い効果がたくさんあると言われるレモン酢ですが、どんな効果や効能があるのでしょうか?

また、はちみつを使って簡単に手作りできる人気1位のレシピの作り方をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

レモン酢の効果効能は?

身体に良いとされている食材のレモンとお酢。その二つが合わされば、尚良い効果が期待できますよね!では、さっそく、レモン酢に期待できる効果や効能についてみていきましょう。

ダイエット効果

実は、レモン酢で一番注目・期待されているのが、このダイエット効果です。

お酢には、蓄積している脂肪をエネルギーに変換する機能を助けてくれる働きがある『クエン酸』と、エネルギー消費を助け新陳代謝をアップする『アミノ酸』が多く含まれています。

また、レモンの皮や果肉には『ペクチン』という成分が多く含まれているのですが、このペクチンには食欲を満たす効果があると言われています。

更に、レモンには脂肪の蓄積を防いでくれる働きをする抗酸化物質というものが多く含まれています。

この抗酸化物質は、レモンの皮に含まれていますので、レモン酢として摂取するだけでは取り込みにくいのですが、漬けたレモンの身も食べることでダイエットとしての効果が高まります。

お酢の成分によって脂肪燃焼をしやすくし脂肪の分解を助け、レモンで食欲を抑えつつ脂肪の蓄積も防いでくれる訳です。

これらの効果が合わさったレモン酢、大きなダイエット効果が期待できそうですね!

便秘解消

お酢には『殺菌』『抗菌』などの作用があるのは、ご存知の方も多いですよね。

食品を酢漬けにしることで長期間保存を可能としているのも、その性質を利用したものです。

このことから、お酢を摂取することで腸内の有害な細菌を排除し、腸内を活性化させることで便秘が解消されやすくなります。

また、レモンには『ペクチン』という、水に溶けやすい性質の食物繊維が含まれています。

このペクチンの効果で、便が柔らかくなり排出がしやすくなるのです。

腸内環境を整えるお酢、レモンの食物繊維のおかげで、便秘解消が期待できます!

血流改善

お酢に含まれている『酢酸』が体に取り込まれると、『アデノシン』という物質が生み出されます。

アデノシンの効果は、血管を広げる役割をしてくれますので、血液の流れを良くしてくれます。

また、レモンに含まれる『クエン酸』は血流を改善する効果が期待されますし、脂肪の蓄積を防ぐことで動脈硬化の予防も期待できます。

お酢で血管を広げ、レモンでスムーズに血液を流すことができるのです。

また、血流が良くなることで血行が良くなり、冷え性の改善にも期待できます。

疲労回復

身体の疲れがたまると、身体がだるい、足が重いなどと感じますよね。

体の疲れは、主に体内に乳酸が溜まることで感じると言われています。

お酢に含まれている『クエン酸』は、疲れの原因になっている乳酸を効率よく分解する作用がありますし、

『アミノ酸』も、乳酸の発生を抑えてくれる効果があります。

また、レモンの香りはリラックス効果をもたらしてくれますので、疲れているときにレモン酢を摂れば、身体と心の疲れ両方を癒すのに良いですね。

二日酔い防止

お酢に含まれている『酢酸』は、肝臓の働きをサポートしてくれる効果がありますし、『クエン酸』と『アミノ酸』が新陳代謝をアップすることで、肝臓の働きを活発化してくれます。

また、レモンに含まれる『クエン酸』には体内に溜まった老廃物を排出してくれるという効果があり、肝臓などの働きも活発にしてくれます。

ただし、これらが即効で効くのにも限度がありますから、飲み過ぎには十分注意くださいね。

 

喉の炎症の消炎

喉がイガイガして風邪の引き始めかな?と思った時など、うがいに少量のレモン酢を入れた水でうがいをしてみては?

お酢の殺菌・抗菌作用と、レモンに含まれているビタミンCの免疫力を強化する効果が期待できます。

あまり大量に入れてしまうとむせてしまうので、加減して入れてくださいね。

また、風邪などが心配なときには、レモン酢を温かいお湯で割ったものを飲むのも良いですよ。

 

いかがですか?

これら以外にも、口臭予防、胃もたれ防止なども期待できますよ。

お酢とレモンの力で、より健康な体を目指しましょう!

Sponsored Link

レモン酢の作り方!はちみつで簡単に人気1位のレシピ

上で紹介したように、レモン酢には良い効果がたくさんあります!

しかも、ご家庭で簡単に手作りできるのも大きな魅力となっています。

その作り方も、いろいろで、氷砂糖を使ったものや、電子レンジで加熱するもの様々です。

今回は、人気1位のはちみつを使ったレモン酢の作り方をご紹介しますね!

 

【レモン酢の材料】

国産レモン:2個

酢:400ml(米酢や醸造酢、リンゴ酢など)

ハチミツ:60g

 

【作り方】

  1. レモンをしっかりと洗い水気を拭き取る(国産レモンが手に入らないときは、外国産レモンを良く洗い皮を剥いて使いましょう)
  2. 幅5mmの輪切りにしてから、輪切りを8等分にして種を取る
  3. 保存瓶に入れ、酢・はちみつを加えて軽くかき混ぜる
  4. 一晩漬け込んだら完成です

一番簡単な作り方になります。

レモン酢は、1日に大さじ5杯以上の摂取が目安となります。

保存は冷蔵庫で約1ヶ月ですが、なるべく早く使い切ってくださいね。

 

レモン酢の美味しい摂り方は?

出来上がったレモン酢は、そのままでは飲みにくいので、水や炭酸水などで割って飲むのが美味しくいただくコツです。

水100mlに対して、レモン酢小さじ1~大さじ1程度、お好みで加減してくださいね。

水の代わりに、牛乳を使うと、飲むヨーグルトのようになってデザート感覚でいただけますよ。

また、調味料としても使っても、もちろん大丈夫です。

使い方は、普通のお酢の代わりに使えばOKですが、はちみつが入っていますので、調味の際は甘みを見て味付けすると良いですね。

レモン酢を使って簡単にできる、“プチトマトのレモン酢マリネ”のレシピを載せますので、ご参考にどうぞ!

 

【材料】

・プチトマト:1パック(15〜20個)

  • レモン酢:大さじ1 と2/1
  • はちみつ:大さじ2/1
  • オリーブオイル:大さじ1

 

【作り方】

  1. ●の調味料をすべて混ぜ合わせてマリネ液を作っておきます
  2. プチトマトを全部、湯剥きします
  3. 密閉できる容器にプチトマトを入れて、上から①のマリネ液をかけて軽く混ぜます。
  4. 2~3時間冷蔵庫で冷やして出来上がりです

可愛いプチトマトのマリネです。

お好みで、パセリのみじん切りを加えても綺麗ですよ。

 

まとめと感想

レモン酢の作り方や効果効能は?はちみつで簡単に人気1位のレシピについてまとめてみましたが、どうでしたか?

単品でも体に良いと言われているお酢とレモン。その2つが合わさることで、さらに体に良い効果や効能が期待できますよ。

一番の注目はダイエット効果!それ以外にも、便秘解消や血流改善など、期待度の高い効果がたくさんあるのです!

手作りできる人気1位のはちみつ入りレモン酢の作り方をご紹介しました。簡単なので、ぜひ、試してみてくださいね!また、レモン酢を使った簡単レシピも載せましたので、ご参考にどうぞ!

レモン酢を美味しく摂取して、更なる健康を目指しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links