普段はあまり聞き覚えのない『クマツヅラ茶』ですが、中国やヨーロッパでも用いられていて、日本でも古くから生薬などとして使われてきました。

海外では、『バーベイン』と呼ばれ、ハーブティーアロマオイルでもおなじみですので、こちらの名前なら聞いたことのある人が多いかもしれませんね。

ママママ

私はアロマオイルで使ったことがあるわ♪

沖縄地方では、『あきちゃみよ』とも呼ばれるクマツヅラを使ったお茶ですが、その成分や効能効果にはどのような物があるのでしょうか?

今回は、クマツヅラ茶について美味しい作り方や飲み方(副作用)などをまとめてご紹介します!

はじめパパはじめパパ

「あきちゃみよ~」は沖縄の方言で「ビックリした!」という意味なんだ!

Sponsored Link

 

クマツヅラ茶とは?

クマツヅラは、クマツヅラ科クマツヅラ属で、高さ50-80cm、可愛い花を咲かせる多年草です。

『クマツヅラ』という名前よりは、『バーベイン』の方が一般的な名前かもしれませんね。

クマツヅラは、北海道を除く日本全土の他、ヨーロッパや中国、北米に分布していて、荒れ地や道端に自生している、いわゆる『野の花』となりますので、名前を知らずとも見かけたことのある人は多いのではないでしょうか。

クマツヅラの葉は、『バベンソウ(馬鞭草)』という生薬として通経・黄疸や下痢の薬として利用されていますし、ヨーロッパでも、心身の不調を解消するハーブティーとして用いられてきました。

その効能の多さから沖縄では、驚いたときに発する、「あれまあ!」の方言『あきちゃみよ』の名前でも知られていますし、鳩が好むことから、『pigeon grass(鳩の草)』、『pigeon meat(鳩の餌)』 と言う呼び名も持っています。

また、ヨーロッパでは古くから、『神の恵みのハーブ』、『聖なる草』などと呼ばれ、神聖な植物として神事に利用されてきたそうで、多くの言い伝えがあり、『体をこすると願いがかなう』、『家の中に置くと天災から守られる』、『庭に植えると金運が上がる』などと言われていました。

クマツヅラは健康にも良くて縁起もいいんです!

クマツヅラは自宅でも簡単に育てることができますし、花や若葉は、そのまま食べることが出来るため、観賞用として、食用として、お庭に1株あると便利な植物と言えそうですね。

クマツヅラ茶の成分

クマツヅラ(バーベイン)には、以下のような成分が含まれています。

  • 精油
  • 苦味質
  • アルカロイド
  • タンニン
  • サポニン

クマツヅラ茶の効果効能

クマツヅラ茶(バーベインティー)には、以下のような効能効果があると言われています。

ストレス・神経疲労の回復効果

クマツヅラ茶(バーベインティー)には、神経に対して優れた強壮作用鎮静作用を持つと言われています。

精神的な疲労感や神経過敏、イライラ、不安、緊張、無気力、軽度の抑うつ症状、心因性の頭痛などの改善に効果が期待されます。

強壮効果

クマツヅラ茶(バーベインティー)には、消化を促す作用や肝臓の働きを強化する働きから、病後の回復や虚弱体質の改善など肉体面の強壮効果が期待されています。

また、精神面、神経面での強壮作用もあるため、慢性疲労症候群や原因不明のだるさや無気力を感じる際にも飲用すると良いでしょう。

ストレス性の異常食欲を抑制

ストレスによる食欲不振や過食を抑えるためにもクマツヅラ茶(バーベインティー)は有効と言われています。

胃腸トラブルの予防・解消

クマツヅラ茶(バーベインティー)には、消化促進作用の他にも、鎮痛・鎮痙作用がある為、胃痛や腹痛、便秘、下痢などの胃腸トラブルに効果が期待できます。

解熱効果

クマツヅラ茶(バーベインティー)には発汗作用があります。

また、漢方では幅広い作用を持つ生薬として、風邪やインフルエンザによる発熱時などの解熱剤として用いられています。

むくみ解消・美脚効果

クマツヅラ茶(バーベインティー)は、中国では古くから、余分な水分を排出する『利尿作用』があると言われ、むくみの解消が期待できます。

最近では日本でも、美脚ハーブとして紹介されたことから、むくみ対策・便秘解消効果を得るため、クマツヅラ茶(バーベインティー)を飲用する女性が増えているそうです。

生理不順の改善・生理痛の緩和

クマツヅラの葉は生薬(馬鞭草)として生理痛や生理不順など月経トラブルの改善に用いられてきました。

月経周期の正常化、鎮痙・鎮痛作用によって月経痛を緩和させることが期待できます。

また、最近の研究では、エストロゲンと類似した働きを示すことも報告されており、女性のホルモンバランス異常やストレス性の子宮障害の改善に役立つことが期待されています。

PMS(月経前症候群)の緩和

精神面に対する鎮静・リラックス作用や鎮痛作用のあるクマツヅラ茶(バーベインティー)は、生理前の心身の不調・不安定さの緩和にも役立つことから、PMS(月経前症候群)の症状緩和が期待できます。

また、更年期障害の精神的不快感の改善にも用いられます。

産後のサポートに

クマツヅラ茶(バーベインティー)は、古くから母乳の分泌を促進する働きがあるとされ、産後の女性が飲用しています。

また、産後の体調の改善や、産後の情緒不安定さの緩和にも効果があるとされていて、出産後の女性の心身のケアが期待できます。

クマツヅラ茶の効果効能(飲用以外で)

クマツヅラ茶は、飲用する以外にも、入浴剤として使うこともできます。

また、肌に塗布したり、うがい役として使うことが可能です。

疲労回復

クマツヅラ茶(バーベインティー)を、入浴剤として利用することで精神面、肉体面の疲労回復に効果があると言われています。

特に神経疲労の回復に高い効果が期待出来ますから、ぬるめのお湯で行う半身浴と組み合わせると良いでしょう。

皮膚トラブルの解消

クマツヅラ茶(バーベインティー)は、抗炎症作用のあるタンニンなどを含む事から、虫刺されや湿疹、切り傷などに外用薬としても使われます。

また、生葉は、打ち身に良いと言われています。

うがい薬として

クマツヅラ茶(バーベインティー)を冷ました物は、口内炎や歯茎の出血などの際、うがい薬として用いられています。

クマツヅラ茶の副作用

クマツヅラ茶(バーベインティー)には、堕胎作用、分娩促進作用があるとされているので、妊娠中の方は飲用を避けてください。

また、多量に摂取することで、中枢神経系の麻痺や、けいれんなどを起こしてしまう可能性があります。

1日あたりの適量を飲む分には問題ありませんので、一度に大量に飲むのではなく、毎日、少しづつの飲用をおすすめします。

尚、念のため、高血圧の方子供の飲用は避けた方が良いでしょう。

 

クマツヅラ茶の作り方

クマツヅラ茶(バーベインティー)は、市販品も多く見られますが、自宅でも簡単に作ることができます。

ここでは、簡単な作り方をご紹介します。

【材料】

  • クマツヅラ(バーベイン)の地上部分:お好きなだけ

【作り方】

  1. クマツヅラ(バーベイン)は、根元からハサミなどで切り取ります。
  2. 流水でよく洗い、水分を切ります。
  3. 根元を束ね吊るすか、又は、ビニールシートの上などに広げて、風通しの良い場所で陰干しします。
  4. よく乾燥したら、細かく刻み、湿気ないように缶や瓶、ジップロックなどで保存します。

*6~9月の花が咲き始めた頃が、収穫時期となります。

*クマツヅラ茶(バーベインティー)の他、入浴剤としても使用できます。その際は、煮出した物を使うか、乾燥させたものを布袋などに入れ、直接湯船に入れても良いでしょう。

Sponsored Link

クマツヅラ茶の飲み方

上記の方法で手作りした物は、急須やティーポットに小さじ1杯を入れ、お湯を注ぎ、5分程度蒸らして下さい。

クマツヅラ茶(バーベインティー)は、少し苦みがあるため、甘みを加えると飲みやすくなります。

また、他のハーブティーとブレンドすることで、様々な効果を同時に得ることが出来ます。

ブレンド例をいくつかご紹介しましょう。

  • ストレスによる不眠の解消
    クマツヅラ茶(バーベインティー)+ラベンダーティー
  • ストレスによる過食の抑制
    クマツヅラ茶(バーベインティー)+レモンバームティー
  • 食欲不振の解消
    クマツヅラ茶(バーベインティー)+ペパーミントティー

これら以外にも、お好みのお茶とブレンドすることで美味しくいただけますので、お試しください。

クマツヅラ茶まとめ

古くから生薬としても用いられてきた、クマツヅラ茶(バーベインティー)には、精神面や肉体面に対してメリットがたくさんあります。

特に、神経面への強壮効果や鎮静効果、また、女性の体に優れた効能効果を発揮します。

ただし、分娩促進作用があるため、妊娠中の方は飲用を避けてください。

可愛い花を咲かせるクマツヅラ(バーベイン)は、自宅でも手軽に栽培できますし、クマツヅラ茶(バーベインティー)も簡単に手作りすることが出来ますので、お試しくださいね。

 

 

ママママ

わたしたち女性に嬉しい効果が沢山ですよ♪

Sponsored Links