LUNCH MAP(ランチマップ)を使って昼食を食べると、沖縄県那覇市を中心に『500円のワンコイン』もしくは『1000円1枚』で食事をすることができます。

 

ランチマップという名前だけに、ランチ限定かと思いきや一部のお店ではディナーでも使用することができます。

 

今回は、LUNCH MAP(ランチマップ)の登録方法やアプリの使い方について説明していきたいと思います。

 

LUNCH MAP(ランチマップ)には、雑誌版とWeb版がありますので、自分に合った方を賢く選ぶようにしましょう。

 

 

はじめパパはじめパパ

パパもランチ用に使ってますよ♪

Sponsored Link

 

LUNCH MAP(ランチマップ)とは?

LUNCH MAP(ランチマップ)は、飲食店を紹介するフリーペーパーの『ちゅらグルメ』が始めた割引クーポンサービスです。

 

沖縄県内のモノレールの駅、ファミリーマート、ジュンク堂、県庁の地下売店などに設置されています。

オフィス郵送にも対応しているため、手に入れたい方は『こちらから申し込み』することが出来ます。

 

ちゅらグルメは、夜の居酒屋から離島の飲食店まで、飲食の形態や幅広い範囲をカバーしている一方で、LUNCH MAP(ランチマップ)は、よりランチに特化した雑誌・Webと言えます。

 

LUNCH MAP(ランチマップ)は有料ですが、その分、割引のメリットが大きくてとてもお得でおすすめなんです!

 

LUNCH MAP(ランチマップ)雑誌とWebの違いは?

LUNCH MAP(ランチマップ)は雑誌とWebの2種類から選ぶことができます。もちろん両方を併用してもOKです。

 

雑誌版とWeb版の違いは大きく分けて4つあります。

 

  • 販売価格
  • 使用できる期間
  • 使用エリア
  • 使用回数

 

販売価格が違う

LUNCH MAP(ランチマップ)の雑誌版は、地域ごとに1冊1,000円で販売されています。Web版は月額500円です。

 

一見、Web版のほうが安いようですが、以下に紹介するその他の違いも考えて選ぶようにしましょう。

 

使用できる期間が違う

LUNCH MAP(ランチマップ)の雑誌版は最大4ヶ月間使用することができます。Web版は1月ごとに500円を支払う必要があります。

 

ただし、Web版は1ヶ月ごとに使用回数がリセットできるため、同じお店を何度も利用したい人にとってはWeb版がおすすめです。

 

使用できるエリアが違う

LUNCH MAP(ランチマップ)の雑誌版は地域ごとに5種類発売されています。Web版は全地域で使用することができます。

 

移動が少なく同じ地域内での使用する人は雑誌版がおすすめで、移動が多く地域をまたいで使用する人にはWeb版がおすすめです。

 

使用回数が違う

LUNCH MAP(ランチマップ)の雑誌版は同じお店で3回使用することができます。Web版は同じお店で2回使用することができます。

 

同じお店に何度も通いたい人は雑誌版がおすすめです。

しかし、Web版は毎月使用回数がリセットされるので、LUNCH MAP(ランチマップ)を長く使って行きたい人にはWeb版がおすすめです。

 

LUNCH MAP(ランチマップ)雑誌とWebどっちがお得?

LUNCH MAP(ランチマップ)の雑誌版とWeb版はどっちがお得か比較してみます。

 

パパ的には、Web版をおすすめします。おすすめする理由は

 

  • 申し込みが簡単
  • 初月無料で500円と安い
  • 広い範囲で使える
  • お店の人にスマホ画面を見せればOK
  • 紙の節約でエコ

 

現在はランチマップのアプリも登場しており、使い勝手はさらに良くなっています。

 

お気軽に試してみたい人は、断然Web版がおすすめです。

Sponsored Link

LUNCH MAP(ランチマップ)登録方法

LUNCH MAP(ランチマップ)は、こちらの『公式サイト』から申し込んでください。

 

支払い方法は『クレジットカード決済』『携帯キャリア決済』になるので、未成年の人は親と一緒に申し込むか、キャリア決済の場合は、許可を得て登録するようにしてください。

 

また、登録した『メールアドレス』と『パスワード』は、ログイン時に使用するので、忘れないようにしっかりと保管しておきましょう。

 

LUNCH MAP(ランチマップ)アプリの使い方

LUNCH MAP(ランチマップ)は、専用の『アプリ』も登場し、さらに使い勝手がよくなりましたね。

 

現在、アプリはどんどんバージョンがアップされて、直感的に使えるように使い勝手が良くなっています。

 

ぜひ『Apple Store』や『Playストア』で手に入れて使ってみてくださいね。
 

Sponsored Links