『じゃばら』という柑橘類の果物をご存知ですか?

一般の小売店ではなかなか見かけないじゃばらは、通信販売などで買うことができますが、生のじゃばらは、残念ながら季節限定(11月から12月)となります。

あまり聞かない果物なのですが、じゃばらの果汁”には、花粉症に効果的な成分が含まれています。

春先、花粉症の症状が重い人は、同時に起こる二次症状(眠い・頭痛・吐き気)などにも頭を悩ませているのではないでしょうか?

これまで、花粉症の二次症状を治す方法や目の異常は病院へ通院する方が良いことをご紹介してきましたが、飲むだけで花粉症対策が出来るじゃばらがおすすめです。

今回は、飲むだけで簡単に花粉症対策ができる「じゃばら」の効果・効能や飲み方などついてご紹介していきます。

Sponsored Link

 

じゃばら(柑橘類)の効能とは?

聞きなれない名前の『じゃばら』は、ユズやダイダイ、カボスの仲間の柑橘類です。ユズよりも果汁が豊富で、ユズやスダチとは、また違った風味があります。

じゃばらという名前も、果物にしては変わっていますが、これは『邪気を払うほど酸っぱい』ことから、『邪払(じゃばら)』と名付けられたそうです。

じゃばらの名前にもなるほどの酸味は、花粉症だけでなく色々な症状に効きそうですね。

そんな強烈な酸味を持つじゃばらですが、実は、とても珍しい果物!

元々、じゃばらは和歌山県北山村から三重県熊野市にかけての地域が原産でしたが、今日では、和歌山県北山村でしか栽培されていない、とても貴重な果実なのです。

じゃばらは収穫できる量が限られている上に、収穫できる時期が決まっているため、生のじゃばらはなかなか手に入れることができません。

よって、一般の小売店などに出回っていないことから、正直、知名度は低いのです。

じゃばらの花粉症に効果的な成分は?

そんな、じゃばらが、一躍脚光を浴びたのは、『じゃばらが花粉症に効果的な成分をある』とテレビなどで紹介された為でした。

じゃばらには、『ナリルチン』というフラボノイド(ビタミンP群)が多く含まれています。

この、『ナリルチン』という成分には、アレルギー反応によって放出される『ヒスタミン』を抑制する作用があるとのことで注目されました。

『ヒスタミン』を抑制することで、花粉症のくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状を緩和・改善が期待されるとのこと!

『ナリルチン』は柚子やカボスやグレープフルーツなどの柑橘類にも含まれていますが、じゃばらの『ナリルチン』の含有量は柑橘類の中でもトップクラス!

グレープフルーツも『ナリルチン』を多く含むといわれていますが、なんと、そのグレープフルーツよりも約4倍近い量の『ナリルチン』が、じゃばらには含まれているのです。

また、じゃばらの果皮には、果実の6倍のナリルチンが含まれていますから、果実だけでなく皮の部分も一緒に摂ることで、さらに『ナリルチン』を摂取することが可能となります。

2008年に岐阜大学医学部が行った実験によると、花粉症患者15人に、じゃばら果汁5mlを朝夕2回、1日10mlを2週間以上連続的に4週間まで飲んでもらったところ、じゃばら果汁を飲む前と後で比べると、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、鼻のかゆみなどの症状の緩和や改善が見られたと発表しています。

とはいえ、一般のお店では売られていない、じゃばら。

入手するには、通信販売を利用するのが一番簡単です。

上にも書きましたが、唯一、じゃばらを栽培している和歌山県北山村のホームページには、じゃばらを使った商品がたくさん紹介されていますよ。

定番品のじゃばら果汁はもちろん、じゃばらを使ったお菓子やジャム、お茶やお酒などもあるようですから、お好みに合わせて選ぶことができますね。

食品以外では、アロマオイルや石鹸なども。

毎年、数量が限られている上に、季節限定になってしまうようなので、花粉症に苦しむ前に早めに手に入れることをおすすめします。

生のじゃばらの地方発送もできるようですので、興味があるようなら試してみても良いかもしれませんね!

Sponsored Link

じゃばら(柑橘類)果汁の効果的な飲み方は?

生のじゃばらは、収穫時期(11月~12月頃)のみ入手可能の期間限定品となります。

それ以外の期間であれば、いつでも手に入りやすい、じゃばら果汁をいただくのがおすすめです!

じゃばらを使ったお菓子やジャムなども、たまには良いですが、毎日食べるには、糖分などが気になりますよね。

かなり酸味が強いと言われる、じゃばらですが、果汁をどのように飲めば良いでしょう。

そのままストレートでも飲めるようですが、酸味が苦手な方には、少し辛いかもしれませんね?

そんな時は、水や炭酸水、ジュースなどで割って飲むと良いでしょう。

水や炭酸水で割るのなら、はちみつなどで甘みを加えると、さらに飲みやすくなります。

小腹が空いた時のおやつ代わりに飲めば、お菓子などよりもカロリーを抑えることもできますし、じゃばらにはビタミンCも含まれているため、美容にも健康にも良いです。

また、じゃばら果汁は薬ではないので、1日に摂取する量は決まっていません。

花粉症の薬をあまり飲みたくない妊婦さんや授乳中の方でも、安心して飲めるのが嬉しいところ!

好きなだけ飲んで構いませんが、目安としては、1回につき5~10mlを日に1~3回飲めば良いようです。

また、じゃばらは、ユズやカボスの仲間ですから、料理に取り入れても美味しくいただけるようです。

カボスやレモンの代わりに、焼き魚や肉料理にかけたり、お酢代わりにサラダのドレッシングにしても合いそうですし、醤油と混ぜてポン酢風にすれば、お鍋などにも向いています。

もっと手軽にじゃばらを摂りたい方には、じゃばらの飴やサプリメントなどもありますから、検討してみてはいかがでしょうか?

じゃばらを摂る際は、毎日、適量を継続して摂ることで、その効果を期待できますよ。

さいごに

あまり馴染みのない柑橘類のじゃばらですが、花粉症の症状を抑える成分の『ナリルチン』が多く含まれています。

じゃばらの効能によって、花粉症による鼻水や目のかゆみを抑えることが期待できます!

生のじゃばらは収穫時期の11月から12月までの間のみ食べられる期間限定品なので、手に入らない時期は、通年で入手しやすい、じゃばら果汁を手に入れると良いです。

ご紹介したじゃばらの果汁の効果的な飲み方を、ぜひお試しくださいね。また、じゃばらの果汁はそのまま飲むだけはなく、他の柑橘類と同様に料理にも使用することができます。

花粉症対策のためには、毎日1回につき5~10mlを日に1~3回飲めば良いので、それほど苦労することなく摂取することができるはずです。

さらに、じゃばらには、果汁以外にも、飴やサプリメント、たくさんの加工食品がありますから、お好みに合わせて取り入れることができそうですね。


花粉症の症状の重い方、これまで色々な対策をしてきたけど、あまり効果がなかった方などはぜひ「じゃばら」を試してみてください。

じゃばらを美味しく飲んで、食べて、花粉症対策に役立ててくださいね!

Sponsored Links