出典:徳島県観光サイト

1年中食べることのできる“わかめ”ですが、生の“新わかめ”を食べたことはありますか?

普段食べている乾燥わかめや塩蔵わかめとは、香りや歯ごたえが全く違う、とても美味しい食材なのです!

そんな、新わかめの旬の時期がいつなのか、生わかめの下処理の方法やゆで方、保存方法について調べてみました。

また、新わかめの美味しい食べ方やおススメレシピもご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

新わかめの旬の時期は?

毎日の食生活でもポピュラーな食材の“わかめ”。

お味噌汁や酢の物などでお馴染みです。

私たちが普段口にしている、わかめの多くは、乾燥したものや塩蔵されたもので、それらは、1年中手に入りますよね。

そんな、わかめにも、実は、旬の時期があることをご存知ですか?

その旬の時期にしか食べられないのが、新わかめ(生わかめ)です!

新わかめの旬は、3月~6月の間となり、その時期に養殖されたわかめが収穫され、乾燥されたり塩蔵されたりして1年中出回ることになるのですが、この時期にしか手に入らない“生の新わかめ”!

乾燥わかめなどにはない、磯の香りが強く歯ごたえのある生わかめは、知る人ぞ知る、旬の食材なのです。

スーパーなどの小売店にも、この時期だけ、生わかめが店頭に並びます。

旬の食べ物は、その時期が一番おいしく栄養価も高くなりますから、店頭で見かけたら、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

食べ方や下処理の仕方はとっても簡単ですよ!

新わかめの下処理・ゆで方・保存方法

新わかめ(生わかめ)の色は褐色で、お味噌汁に入っているわかめとは、ちょっと違う色になります。

正直、あまり美味しそうな色ではありません(失礼!)が、これを下処理(ゆでる)ことで、鮮やかなきれいな緑色に変身していきますよ!

スーパーなどで、『生わかめ』と書かれていて緑色のものは、すでに下処理されたもの(ゆでられたもの)ですから、そのまま食べることができます。(表示された方法に従ってお召しあがりください)

ここでは、ゆでていない生わかめの下処置・ゆで方、その後の保存方法についてご紹介します。

ゆでていない生わかめは、黒ずんだものは鮮度が落ちていますので、艶があって弾力のあるものを選んでくださいね。

生わかめの下処理とゆで方

生わかめの下処理とゆで方は、洗ってゆでるだけなので、とても簡単です。

ゆでたての生わかめは、シンプルに食べるのが一番美味しいかもしれませんね。

やり方は以下の通りです。

 

1.生わかめは、茎(固い部分)、めかぶ、それ以外の部分に切り離し水で綺麗に洗います。

2.茎の部分をお好みの厚さに切ります。めかぶは、 そのままでも大丈夫です

3.鍋にたっぷりのお湯を沸かし、まず茎の部分を30秒ほど茹でます。それ以外の部分は、サッとお湯に潜らせる程度、色が変わればOKです。

4.すぐに冷水に取り、再度、洗います。(藻などが出てくるので取り除きます)

5.水気を切って、好きな大きさに刻めば下ごしらえ完了です。味噌汁や酢の物にどうぞ!

 

 

筆者的には、下処理のまま「昆布醤油とわさび」で、さしみ風に食べるのもおススメですよ!

生わかめの保存方法

美味しい生わかめは、そのままでは長期保存には向いていません。

そこで、美味しい状態をキープする保存方法をご紹介しますね!

生わかめの冷凍保存

冷凍保存する場合は、ゆでたあと水気を良く切り、好みの大きさに刻んだものを、小分けにしてラップなどに包み冷凍庫で保存します。

すでに火が通っているので、そのまま解凍して使えるので便利ですよ!

スープやみそ汁、煮ものなら、火を止める直前に冷凍庫から出してそのまま入れれば、歯ごたえの残った生わかめが味わえます。

火を通し過ぎると、柔らかくなりすぎてしまうのでご注意ください。冷凍後は、2~3か月で使い切ってくださいね。

酢の物などの場合は、流水で解凍してから使うと良いでしょう。

生わかめの長期冷凍保存

もう少し長く保存したいときは、塩蔵冷凍が安心です。

【材料】

生わかめ(今回は、茎とめかぶは使いませんので、他の方法で食べてください)

天然塩(生わかめと、ほぼ同量)

【作り方】

 

1.生わかめは、水で綺麗に洗います。

2.鍋にたっぷりのお湯を沸かし、サッとお湯に潜らせます。(色が変わればOKです)

3.すぐに冷水に取り、再度、洗います。(藻などが出てくるので取り除きます)

4・水切りしたワカメをボールに入れ、全量の4分の3程度の塩を入れ混ぜ、ビニール袋に入れて1晩ほど冷蔵庫で保管します。

5.ワカメの水分が出てくるので、袋の上から絞ります。

6.水分を絞り出してから、残りの塩を混ぜて袋を閉じ、再度、1晩ほど冷蔵庫へ。

7.冷蔵庫から取り出し、水分をよく絞り、フリーザーパック等に小分けして入れ、さらに大きめのフリーザーパックに入れ冷凍します。(分量は生ワカメの5分の1程度になります)

 

こちらは、ひと手間かかりますが、保存期間が約半年と長くなりますので、その価値はありますよね!

食べるときには、たっぷりの水に5分ほど、途中、水を変えながら漬けるだけでOKです。

塩味を確認してくださいね。

Sponsored Link

新わかめオススメの美味しい食べ方は?

わかめには、髪や皮膚の健康を保ったり、甲状腺ホルモンの生成に欠かせない成分のヨウ素を多く含んでいます。

また、わかめのヌルヌル成分の食物繊維のアルギン酸は、体内でナトリウムを吸着・排出して高血圧を防いだり、血中コレステロール値を下げる働きをします。

食物繊維は、便秘にも効果がありますよ。

ただし、わかめの食物繊維は、水溶性なので、もどしすぎると水に溶け出してしまうので注意してくださいね。

その他にも、β-カロテンの一種のフコキサンチン、血圧の上昇を抑制する働きをもつカリウム、骨や歯の健康に欠かせないカルシウムっといったミネラル類も豊富です。

しかも、ローカロリーのわかめは、健康のためにも積極的に摂りたい食材の1つですね。

そんな、生わかめの美味しい食べ方をご紹介しますね!

生ワカメのしゃぶしゃぶ

出典:じゃらん

【材料】

生ワカメ:お好きなだけ(茎は、しゃぶしゃぶ以外に使ってください)

出汁昆布:20㎝程度(土鍋に張った水に30分ほど漬けておく)

お好きな鍋の具材:豆腐、ネギ、キノコ等お好みで

ポン酢

大根おろし、ゆず胡椒などの薬味:お好みで

【作り方】

1.生わかめは、水で綺麗に洗って、食べやすい大きさに切り分けます。

2.土鍋を火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出します。

3.お湯が沸いたら、お箸でわかめをつまんで、しゃぶしゃぶ…色が変わったらポン酢などでいただきます。

たったこれだけですが、生わかめでしか体験できない美味さです!

茎わかめの酢の物

出典:クックパッド

【材料】

わかめの茎部分生わかめ:適量

酢・砂糖・しょうゆ:適量

【作り方】

1.ゆでた茎の部分を食べやすい大きさに切ります。

2.水分を良く切って、酢・砂糖・しょうゆを加えて混ぜたら完成です。

コリコリとした食感の和風の簡単酢の物です。

ゴマ油とゴマを加えると中華風になって、こちらも美味です!

これら以外にも、定番の『若竹煮』なども旬の食材同士で美味しくできますよ。

普段のわかめの代わりに、いろいろお試しくださいね!

さいごに

新わかめの旬の時期は3月~6月で、この時期にだけ食べることができるの貴重な食材です。

乾燥や塩蔵など、1年中食べることのができるわかめですが、この時期だけの新わかめの味は格別ですよ。

下処理やゆで方は、とても簡単ですので、ぜひチャレンジして新わかめを味わってみてはいかがでしょうか?

日持ちしない生わかめですが、簡単な保存方法や、美味しい食べ方などをご紹介しましたので、ご参考にしていただけたらと思います。

筆者的には、あれこれ調理するよりもシンプルに新わかめの素材の味を楽しむことをおすすめします。

身体に良い成分をたくさん含んだわかめを旬に美味しい時期に、健康のためにもお試しくださいね!

Sponsored Links