健康に良い『ウコン』が、実は、効能がない!?というニュースが話題になっていますね。

ウコンと言えば、二日酔いに効くことで有名で、私も愛飲していますが・・効能があるように感じているのはなぜでしょうか?

【関連記事】ウコンの力を飲むタイミングはいつ頃?二本や翌日は効果的じゃない?

アメリカの大学の研究チームは、「ウコンの効能なし」と論文で発表したとのことですが、本当なのでしょうか?

今回は、ウコンの効果についてや副作用など注意すべきことについて調べてみました!

Sponsored Link

 

ウコンの効能なしのニュースや論文は本当?

健康食品としても人気のウコン(英語名はターメリック)。

日本では、二日酔いに効果があるされていますし、カレーの本場インドではカレーのスパイスとしてはもちろん、傷薬や虫刺されなどの薬としても用いられています。

更には、ガンやアルツハイマー病に効果があるとも言われ、『万能薬』となる可能性も期待されるウコンですが、アメリカの大学で『ウコンには薬としての効能がない』という論文が発表されたそうです。

この論文を発表したのは、ミネソタ大学の研究チームとのことですが、この内容は本当なのでしょうか?

 

ミネソタ大学の研究チームが発表した論文は、

  • 『ウコンに含まれるクルクミンの薬効についての研究結果について現在の時点でわかっていること』であって、『ウコンについて調べたものではない』。
  • クルクミンは、体内に吸収されにくいので薬剤の開発に役立つ可能性は、あまり期待できない。
  • 実際には何の効果もないけれど、研究の上では何か影響を与えているような偽の観測データを生み出す特殊な性質とされるものが含まれていたのではないかと推測した。

まず、間違えてはならないのは、今回の論文は『クルクミン』についてであって『ウコン』そのものについての研究結果ではないということです。

よって、この論文は、ウコンに効能がないと結論付けたものではないと言うことになりますね!

また、クルクミンに効能効果がないとされたようですが、異なる意見もあるようです。

確かにクルクミンは人体に吸収されにくい物質だそうですが、クルクミンの微粉化などの吸収率を高める開発が進められていて、結果的に効果も発見されていると言われています。

また、研究内容によっては効果が報告されているものもあるそうで、アルコールに関しては胆汁排泄や胆汁促進機能をクルクミンは有しているそうです。

ウコンは世界中で生薬として使われていますし、これから更なる研究が進められることで何らかの新発見がされるかもしれませんね。

以上のことから、『ウコンに効能がなかったなんて…』とがっかりする必要はありませんよ!

もしろ、今後のウコンの研究に期待したいと思います!

Sponsored Link

ウコンの危険な副作用効果には注意が必要!

さて、健康食品のウコンですが、上にも書いたように、その確かな効能についての全ては解明されていませんが、生薬として多くの国で様々な目的で使われていることから、健康に悪い物でないことは間違いありません。

とは言え、薬も使い方次第で時には毒になることもあるように、用法や容量には注意が必要です。

ウコンも例外ではなく、摂り過ぎによる危険な副作用が報告されています。

また、一部の病気をお持ちの方はウコンを摂取しない方が良い場合もあるようですので、そちらをご紹介したいと思います。

肝機能障害をお持ちの方

ウコンには、豊富なミネラルが含まれています。

人体にミネラルは必要なものではありますが、肝臓機能障害をお持ちの方が大量にミネラルを摂取してしまうと肝臓に鉄分が溜まってしまい症状が悪化する可能性があると考えられています。

厳密には、ウコンが症状悪化の直接的な原因とは解明されていませんが、特に、C型肝炎や非アルコール性脂肪肝炎にかかっている人は、ウコンの摂取は避けた方がよいようです。

妊娠中・授乳中の方

ウコンに含まれる精油成分は、子宮を収縮させる効果があるため、妊娠中の方はウコンの摂取は避けましょう。

紫ウコンの名産地沖縄では、「妊婦に紫ウコンは与えるな」と言い伝えられているほどです。

また、授乳中の場合、ウコンの成分が母乳を通じて赤ちゃんが摂取することになりますね。

ウコンが乳児にどのような影響を与えるのか正確に分かっていないことから、スパイス程度は問題ありませんがサプリメントとしてウコンを摂ることは避けた方がよいようです。

抗凝固剤などをお使いの方

ウコンに含まれるクルクミンには血液をサラサラにする効果があります。

その為、動脈硬化の治療中で抗凝固剤などを服用している場合は、その効果が強くなりすぎ血が止まりにくくなってしまう場合があります。

糖尿病の治療中の方

ウコンの精油成分には、血圧を下げる効果があります。

その為、糖尿病治療で血圧降下剤を服用している方は、血圧が下がり過ぎてしまう危険性があります。

 

上に挙げたほかにも、以下のような病気を患っている方は、ウコンの摂取を控えた方が良いでしょう。

  • 急性黄疸
  • ヘルペス
  • 消化性潰瘍
  • 胃酸過多

このような病気の治療中の方は、ウコンを摂取する前に必ずお医者さんにご相談することをおすすめします。

また、ウコンの摂り過ぎは、肝臓にかかる負担が大きくなり、結果的に肝臓の機能低下を招いてしまうこともあるようです。

健康に良いだろうとウコンを一度に大量に摂っても、むしろ体を悪くする原因になっていまいます!

きちんと適量を守ってウコンを摂ることで、一番良い効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

さいごに

ウコンの効能なしのニュースや論文が本当がどうかを調べてみました。

どうやら、ウコンに効能なしというニュースは間違いで、正確にはウコンに含まれる『クルクミン』についての薬効や薬剤の開発に役立つかどうかについての論文だったようです。

もし、『クルクミン』単体に効能がなくてもウコンには他の成分もたくさんある訳ですから、それらに効能がないと断定した内容ではありませんでした。

ウコンの危険な副作用効果や注意が必要な方の例をご紹介しました。

 

いくら身体に良いとされるウコンでも摂り過ぎることで副作用が出ることも考えられますし、一部の病気の方は摂取を控えた方が良さそうですので、参考にしてみてくださいね。

容量などをきちんと守って、ウコンを健康に役立てていきましょう!

【関連記事】ウコンの力を飲むタイミングはいつ頃?二本や翌日は効果的じゃない?

Sponsored Links