暖かな季節になると、子供の外遊びも盛んになりますよね。緑の多い公園などで遊ぶ機会も増えるのではないでしょうか?ですが、公園など草木や水場の多い場所に付き物なのが、嫌な蚊などの害虫!

市販の虫除けスプレーを使うにしても、小さな子供に何度も使うのは、ちょっと考えてしまいますよね。また、幼稚園や保育園など、親の手の届かないところでは、虫除けスプレーも使えませんし。そんな中、手軽で便利な虫除け対策グッズとして注目されているのが、子供用の虫よけシールと虫よけリングです。

最近では100円ショップでも見かけるほど入手しやすくなった、虫よけシールとリングですが、中には効かないという声も…。私の子どもたちも虫よけシールやリングを付けていたにも関わらず、何度も虫刺されをされた経験があります。

そこで、今回は、虫よけシールやリングの効果について、また、どちらの効果が高いかについても調べてみました!

Sponsored Link

 

子供用虫よけシールやリングが効かない?

ドラッグストアやスーパー、最近では100円ショップでも見かけるようになった、「虫よけシール」や「虫よけリング」。シールを貼るだけの「虫よけシール」、腕や足に付けるだけの「虫よけリング」は、手軽な虫よけ対策グッズとして大人気ですね。我が家の子どもたちもかなり使用しています。

しかし、口コミなどを見てみると、「効かない!」という声も、ずいぶんあるようです。その反対に、「効いた!」という声もあるのですが、これはいったいどうしてなのでしょうか?もしかしたら、虫よけシールやリングの使用には何かコツがあるのかもしれませんね。

正しい使用方法や、我が家で使用する際に、意識しているポイントをいくつかご紹介しますね。

 

虫よけシールのしくみ、使用法、効果

まず、虫よけシールについてみてみましょう。虫よけシールのシール素材は、紙などではなく不織布などが多いようです。可愛いイラストなどがプリントされたシール材は、子供が喜びそうですよね!

そのシール素材に虫よけ剤を配合し、シールを貼ることで、虫よけ効果を発揮するしくみになっています。使用されている虫よけ剤はメーカーによって様々で、天然成分だけを配合したものや、合成成分を使っているものもあるようです。

天然成分を使っているシールの多くは、虫が苦手とされる香りを使用することで虫を遠ざけるしくみになっています。合成成分を使っているものは、虫よけ剤を揮発させることで虫を寄せ付けない仕組みです。どちらも、シールを中心に虫よけ効果が発揮されるわけですね。

虫よけシールの持続時間

シールの虫よけ効果の持続時間も、メーカーによって違いますが、短いもので6時間、長いもので12時間ほどで、使い捨てとなります。シールの有効範囲は、記載されていない場合も多いのですが、1枚につき約20㎝程度と考えると良いようです。

持続効果の短いものだと、朝にシールを貼っても、虫の多くなる夕方にはすでに効果切れとなっていることも考えられます。正しい枚数を、正しい箇所に貼れば、ある程度の虫よけ効果は得られるのではないでしょうか?

虫よけシールの使用枚数

枚数については、どこのメーカーの製品も、『1回に5~6枚が目安』とされています。使用方法は、台紙からシールを剥がして、子供の服にぺたりと貼るだけ。(虫よけシールの多くは、肌に直接貼らないよう注意書きがされています)

口コミなどで「効かない」とのコメントにも、「シールを貼った周囲は刺されなかった」とありますから、虫よけシールの効果が全くなかった訳ではなく、単にシールの使用枚数不足だったことも考えられますね。シール1枚の効果範囲を考えると、肌の露出具合にもよりますが、袖口に1枚ずつ、半ズボンなら裾に1枚ずつ、襟元に1枚。やはり、最低でも5枚は必要ではないでしょうか。

とはいえ、使用するシーンや子供の大きさによっては、シールのみで全身をカバーするとなると相当枚数が必要になると思われるので、コスト面でも他の虫よけグッズと併用するのが良いかもしれませんね。

 

虫よけリングのしくみ、使用法、効果

リングタイプの虫よけグッズは、素材も形状もいろいろな物があります。素材は、シリコンやプラスチック、ゴム、不織布、合成皮革など。形状はブレスレット型が多いですが、多少伸び縮みするのも、らせん状になっているもの、スナップ式でサイズ調整できるもの、編み込みと、多種多様!

虫よけリングの持続時間

リングタイプの特徴は、シールタイプと違って効果が長持ちする製品が多いことにあります。効果持続時間は製品によって違いますが、短いもので半日、長いもので約1ヵ月と長持ち。(1日の使用時間や使用環境によって変わります)

リングタイプも、日本製、海外製とありますが、直接身に着けて使用する場合が多いためか、生産国に関わらず天然成分の虫よけ剤を使っているものがほとんどです。肝心の虫よけ効果ですが、製品によって違いますが、1本につき効果範囲は約30㎝程度。

このことから、1本だけでは、十分な効果を得ることはできないようですが、「リングを装着した方の手はまったく刺されなかった」という口コミもあることから、虫よけの効果は期待できそうです!

虫よけリングの使用数

虫よけリングには、2本セットや、複数個でのセット販売などもありますし、また、手首だけでなく足首に付けられるタイプの虫よけリングもあるため、両手両足に付けることで、より一層の虫よけ効果が期待できるのではないでしょうか?

大手100円ショップでは、豊富な色展開や形状がおしゃれだったりと、大人でも普通に使用できる製品が人気のようですから、一度試してみると良いかもしれませんね。

Sponsored Link

子供用虫よけシールとリングの虫よけ対策はどっちの効果が高い?

虫よけシールと虫よけリング、2つの虫よけ対策グッズについてご紹介してきましたが、どちらもそれなりに効果は得られるようです。では、次に、この2つグッズの内、効果が高いのはどっちでしょう?

効果だけでなく、それぞれの価格や取り扱い方法など含めて比較してみたいと思います。

虫除けシール

まず、虫よけシールについてですが、標準的な価格は60枚入りで600円~。最低使用枚数は1回につき6枚、10日分ですね。1ヵ月間、毎日使うと1800円!

しかも、シールだけで全身をカバーするなら、さらにシールが必要となる可能性も…。シールの良いところは、シールを貼る場所を自由に決められるところでしょうか。子供の手の届かない体の裏側に貼れば、勝手に剥がしてしまうということもありませんし、使い捨てなので、剥がれてなくなってしまっても惜しくないことですね。

ただし、使わないシールは、必ず袋に戻し密閉しておかないと効果が消えてしまうので注意が必要です。

虫除けリング

リングの値段は様々なのですが、一般のドラッグストアやスーパーで見かける大手メーカーの子供用虫よけリングですと、2個セットで約780円~。

効果持続時間は、1日8時間の使用で約1ヵ月となっています。効果範囲は、リング1個につき約30㎝なので、腕だけだと足元の効果には期待が低いので、足にも同様のリングを装着することにしましょう。すると、1ヵ月で、780円×2セット=1560円となりますね。虫よけシールより、若干お安いようです。

ブレスレットの良いところは、水に濡れても効果が落ちないところにありますね。また、1日中つけっぱなしでも、効果持続時間内なら、効果切れを心配しなくても済みます。ただし、子供の手でも着脱可能なので、はずして無くしてしまうこともあるかもしれません。

また、使用しない場合は、付属の密閉袋で保管する必要があります。

 

どちらグッズも虫よけ効果はある訳ですが、お値段のことを考えると、虫よけリングの方がシールよりもお安く済むようですね!しかし、虫よけシールは、十分な効果を得ようとするとたくさんのシールを使わなくてはならない為、コストが高くなってしまいます。

ただし、リングは紛失してしまう可能性もありますので注意が必要ですね。もっと小さな赤ちゃんに使う場合は、直接肌に付ける必要がなくて、枚数もそんなにたくさん必要ない虫よけシールが安心かもしれませんね。

どちらのグッズも、一長一短ありますから、使うシーンや状況に合わせてどちらか一方、または併用すると、より虫よけの効果を期待できるようになるのではないでしょうか?

(幼稚園や保育園によって、虫よけシールやリングが使用できるかどうか違いますので、ご確認ください)

 

まとめと感想

子供用虫よけシールやリングが効かない?対策はどっちの効果が高い?についてまとめてみましたが、どうでしたか?

虫よけ対策グッズのシールとリングですが、正しく使えば、虫よけの効果は得られるようです。もし、効かないと感じるようでしたら、シールの枚数や、リングの数を増やしてみると良いかもしれませんよ。

また、虫よけシールとリングのどちらの効果が高いかについては、どちらも虫よけ効果はあるようなので、使う場所や状況に合わせて選ぶのが良いかと思われます。

今回、ご紹介した虫よけシールやリングを上手に使って、お子さんの虫よけの参考にしていただけたらと思います。

Sponsored Links