日本に生息している危険生物や虫の

危険度をランキング形式でまとめています。

 

10歳♂10歳♂

パパ―、なんだか怖いよ~

はじめパパはじめパパ

危険生物や虫は、しっかりと覚えておくんだよ!

 

最近では、船や航空貨物などに混ざって

外国から入ってきて、日本に住み着いた

外来生物なども社会問題となっていますが、

 

子供たちが普段遊ぶ公園などの自然の中にも

棲息(せいそく)するようになったため

親子で安全対策をしておく必要があります。

 

当記事を読めば、危険生物や虫についての

知識をつけて、親子で対策を考えることが

できるようになりますよ!

Sponsored Link

 

【画像】日本の危険生物&虫をランキング!

日本に生息する危険生物や虫を

危険度ごとにランキングしています。

 

ママママ

虫は苦手だわ~

第1位:ヒアリ

2017年頃、船便の貨物に紛れて

日本入ってきたと予想されている「ヒアリ」

 

腹部に猛毒の針を持っていて

刺されると火傷に似た痛みを感じ

小さな水ぶくれのようなものが沢山できます。

 

点滴の少ない日本では大繁殖が予想されており

普段、子供たちが遊ぶ公園などの自然の中や

幼稚園や学校などにも出没する危険性が高いんです。

 

第2位:やけど虫

6㎜程度のとても小さな害虫

やけど虫(別名:アオバアリガタハネカクシ)

が子供たちにとても危険なんです!

 

間違って潰してしまい、やけど虫の体液が皮膚に付くと

火傷のような症状が出て、水ぶくれができます。

火傷のような跡が残ることもあるようです。

 

さらに、やけど虫の体液が付いた手で目をこすると

失明してしまう危険性もあると言われています。

 

第3位:ムネアカハラビロカマキリ

こちらも外来種とされており

とても危険なムネアカハラビロカマキリです。

 

本来、日本に生息するカマキリよりも

一回り大きく、攻撃性が高いのが特徴です。

 

ヒアリややけど虫のように、刺されたり

体液がつくことで症状が出ることはありませんが、

 

威嚇などで子供たちに心理的な

恐怖心を植え付ける可能性があります。

 

日本の危険生物&虫で公園で遊ぶ子供が危ない!

日本に生息している危険生物&虫を

ランキング形式でまとめてきましたが

現在は、外来種も増えているのがわかりました。

 

危険生物や虫は大人よりも、圧倒的に

子供たちが遊ぶ公園などの自然の中や

幼稚園や学校などに潜んでいる可能性が高いです。

 

何にでも興味深々で好奇心の強い子供を守るためにも

親子で危険生物や虫などの知識を身に付けられるよう

積極的に親子で話すのをおすすめします。

 

はじめパパはじめパパ

テレビの危険生物や虫の特集などを一緒に見ると効果抜群です!

 

Sponsored Link

【画像】日本の危険生物&虫まとめ

今の日本では昔よりも自然が減っていて

子供たちが遊ぶ場所も限られてきています。

 

自然の中で遊ぶことが少なくなった

子供たちは、虫に慣れていないことが多く

うかつに危険生物に触ってしまう危険性があります。

 

ママママ

小さい子は特に心配よね~

はじめパパはじめパパ

一緒に遊ぶ親も危険生物や虫を知っておきたいね!

 

刺されたり・潰してしまったり・噛まれてしまう前に

親子でしっかりと対処をしてくださいね!

Sponsored Links