暖かくなってくると、日差しも強くなり、日焼けを心配する時期がやってきますね!

肌に悪い紫外線の浴びすぎを防ぐためにも、欠かせない日焼け止め。

種類も豊富で、クリームタイプや乳液タイプ、ミストタイプなど様々です。

しかし、日焼け止めも塗り方よっては、効果を得るどころか、却って肌トラブルを招いてしま場合もあるようです!

今回は、日焼け止めの効果的な塗り方や持続時間、日焼け止めの落とし方などをご紹介したいと思います。

また、普段何気なく使っている日焼け止めの成分についてもどうぞ。

Sponsored Link

 

日焼け止めクリームの効果的な塗り方や持続時間は?

夏場には欠かせない日焼け止めですが、パッケージには『SPF50』とか『PF++』と書いてあるのをご覧になったことはありますか?

この『SPF』と『PA』の仕組みを知ることで、日焼け止めをより効果的に使うことができますよ。

SPFとは?

市販の日焼け止めに必ずといってよいほど表記されている、『SPF』は、『サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)』の略となります。

紫外線の悪影響を、何も塗っていない状態(素肌)と比べて、どの程度、日焼けする時間を遅らせることができるかということを示します。

一般的には、SPF1=20分程度日焼けを遅らすことができると言われています。

ですから、SPF20=20×20分=400分(6時間40分)程度、日焼けを遅らせることができることになりますね。

SPF50であれば、50×20分=1000分(約16時間)となるのです。

尚、SPFは日光(紫外線)を浴びる時間に対する抑制時間であって、日差しの強さに対する数値ではないということです。

PAとは?

SPFと共に、日焼け止めに表記されている『PA』は、『プロテクション・グレイド・オブ・UVA (Protection Grade of UVA)』の略となります。

これは、名前の通り、シワやたるみの原因や肌を黒くする原因となる、紫外線A波(UVA)の防止効果を示します。

PAは「+」「++」「+++」「++++」という4段階で表され、+の数が多いほど効果が強いという意味になります。

日焼け止めクリームの持続時間は?

上に記述した通り、SPFの数値が高いほど長時間日焼けを防ぎ、PAの+が多い方がUVAを防ぐ効果も高くなります。

数値が高い=日焼け止め効果が強力な日焼け止めが、一番良い日焼け止めかというと、一概には断言できません。

なぜなら、数値が高い日焼け止めほど、配合されている成分が肌への負担が重くなるため、常にSPF50などの日焼け止めと使うことで、日焼け以外のダメージを肌が受けている可能性も考えられます。

そもそも、日常生活においては、SPF50のように16時間もの間、日焼けを防ぐ必要はないはずです…。

肌への負担を減らしたいならば、SPF値が低めでPA++程度の製品をこまめに塗り直すことをおすすめします。

SPF20の物でも、6時間40分までは日焼けを防止することができるので、普段のお出かけなどには十分だと思われます。

SPF値が高く、PA++++といった強力な日焼け止めは、塗り直しが困難な屋外で、長時間過ごす場合のみに使うなど、その時々のシチュエーションに合った日焼け止めを使い分けるのが正しい方法と言えますね。

いま一度、お手持ちの日焼け止めのSPFとPAを確認してみてください。

もし、毎日の出勤や買い物などの外出しかしていないにも関わらず、SPF50でPAの+が多い日焼け止めを使っているなら、気付いていないだけで肌へ負担がかかっているかもしれませんよ!

自分の肌質と用途を考慮し、それに合う日焼け止めを使い分けることで美しく健康な肌を保つことができるでしょう。

Sponsored Link

日焼け止めクリームの効果的な塗り方や落とし方は?

目的にあった日焼け止めを見つけたら、次は、塗り方にも気をつけてみましょう。

塗り方によっては、せっかくの日焼け防止効果を得るどころか、誤って肌を傷めつけている場合があるかもしれませんよ!

日焼け止めクリームの効果的な塗り方

日焼け止めクリームの効果的な塗り方を8つに分けてご紹介します。

ムラなく、塗り忘れのないように

日焼け止めを塗る前にしっかりと肌の手入れを行うことが大切です。

乾燥した肌に日焼け止めを塗ると、伸びが悪くムラになってしまい、日焼け防止効果を十分に得ることが出来なくなってしまう場合もありますよ。

特に、顔に塗る場合には、化粧水などでお手入れをしたあとで日焼け止めを塗ると良いでしょう。

また、耳の後ろや手の甲などの塗り忘れにもご注意ください。

上手な塗り方は、クリームタイプやリキッドタイプの場合、少量ずつ手のひらにとってから、肌にムラなくのばして使用しましょう。

正しい量を使う

日焼け止めが、べたつくのが嫌などの理由で、少ない量を薄く伸ばして使っていませんか?

その場合、日焼け止めの効果も薄くなっている場合がありますから、製品に記載されている量を使いましょう。

正しい量を塗ることで、日焼け防止効果を得ることが出来ますよ。

肌にすり込まない

日焼け止めをすり込んでしまうと、肌が刺激を受け、肌トラブルを起こしてしまう場合があります。

日焼け止めは、肌にすり込まず、優しく丁寧になじませましょう。

重ね付けする

顔に塗る時は、顔全体に塗った後に、もう一度同じ量を重ね付けることで、さらに日焼け防止効果を得られます。

また、おでこ、鼻、頬骨の上、顎など、顔の中でも高い部分には、必ず重ね付けすることをおすすめします。

こまめに塗り直す

どんなに強力な日焼け止めでも、擦ったり、水や汗で取れてしまう場合があります。

2~3時間おきに日焼け止めを塗り直すことで、日焼け止め効果は高く、お肌にも優しいです。

化粧をした顔の場合は、クリームなどの日焼け止めを塗り直すのは難しいでしょうから、日焼け止め効果のあるパウダーなどを使うと良いですね。

紫外線に当たる少し前に塗る

直前に日焼け止めを塗ると、肌に日焼け止めが馴染むまでの間に日焼けしてしまうことも。

できれば、外出する20~30分前には、日焼け止めを塗ると良いでしょう。

短時間の外出でも塗る

人間の肌は、3分以上紫外線を浴びると確実にダメージが残り、皮膚の老化が進行すると言われています。

洗濯物を干す時、ゴミ出しのときなどもちゃんと対策が必要です。

また、外出しないからと日焼け止めを塗らなくて、日の当たる窓の側に座れば、紫外線を浴びてしまうことになりますから、ご注意くださいね!

去年の日焼け止めは使用しない

まだたくさん残っているからといって去年の日焼け止めを使うのはNGです!

保管方法によっては雑菌が繁殖していたり、品質自体が変化していることも考えられるので、肌トラブルを招く原因になる場合も…。

勿体なくても、シーズンごとに買い直す方が安全ですね。

 

以上、効果的な日焼け止めの塗り方になります。

ちょっとしたことで、より日焼け防止の効果を得ることができますよ!

 

日焼け止めクリームの落とし方

日焼け止めが肌に残った状態は、非常に肌に悪いと言われています。

ですから、夜には必ず、日焼け止めを落としましょう。

日焼け止めの落とし方は、メーカーや製品によって異なりますので、一番良いのは、製品の取扱説明書をよく読み、その製品に合った方法で落とすことが大事です。

 

  • お湯で落ちるタイプ
  • 洗顔料・石けんで落ちるタイプ
  • クレンジングが必要なタイプ
  • 専用クレンジングが必要なタイプ

 

など色々なタイプがありますので、購入時に必ず取扱説明書を確認するようにしてくださいね。

いずれの方法でも日焼け止めを落とす場合は、ゴシゴシと擦ってしまうと、肌を傷める原因になってしまいますので、優しく落とすように気をつけてくださいね。

【関連記事】子供の日焼け止めは毎日塗っても大丈夫?おすすめのオーガニックで落とし方も簡単

日焼け止めクリームの成分は?

ところで、私たちが普段使っている日焼け止めには、どのような成分がふくまれているのでしょうか?

まず、一般的な日焼け止めに使われている『紫外線吸収剤』と、『紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)』としての日焼け止めに使われる『紫外線散乱剤』の成分を、それぞれあげてみました。

紫外線吸収剤

  • エチルヘキシルトリアゾン(UVB)
  • オクトクリレン(UVB)
  • オキシベンゾン-○(UVB)※○の中は数字
  • ジエチルアミノヒドロキシジベンゾイル安息香酸ヘキシル(UVA)
  • t-ブチルメトキシジベンソイルメタン(UVA)
  • パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル(UVB)
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン(UVB・UVA)
  • フェニルベンズイミダゾールスルホン酸(UVB)
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(UVB)
  • メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール(UVB・UVA)

以上が、代表的な『紫外線吸収剤』となります。

日焼け止めに配合された『紫外線吸収剤』が紫外線を吸収、化学変化させることで熱などのエネルギーに変換し放出し皮膚の日焼けを防ぎます。

成分の後ろの(UVB)は紫外線B波を、(UVA)は紫外線A波指し、それぞれの成分が、どちらの紫外線波に効果があるのかを表しています。

UVBは、『サンバーン』という皮膚表面に炎症などを伴う日焼けを引き起こし、肌が赤くなったりヒリヒリと痛むなどが、サンバーンの主な症状です。

重症のサンバーンでは、水ぶくれができることもあります。

炎症がおさまり皮膚が剥けることで肌は回復しますが、皮膚の奥(真皮)に到達した紫外線はシミやソバカスの原因になります。

UVAは、日焼けした肌を黒くする『サンタンニング』を引き起こします。

適度に日焼けした肌は健康的に見えますし、サンタンニングは肌への悪影響は比較的少ないと言われています。

ですが、短時間でUVAを過剰に浴びるとシワやたるみの原因となります。

紫外線散乱剤(紫外線反射剤)

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

代表的な『紫外線散乱剤』は、以上の2つになります。

『紫外線散乱剤』は、金属や粘土といった自然界に存在するものが多く、それらをパウダー状にして、紫外線を反射させることで肌への日焼けを防ぐことができます。

『紫外線吸収剤』と『紫外線散乱剤』、どちらにもメリットとデメリットがありますので、お肌のタイプや用途に合わせて、日焼け止めを選ぶと良いですね。

さいごに

紫外線の多い季節に欠かせない日焼け止めの、より効果的な塗り方や落とし方をご紹介しました。

日焼け止めの間違った使い方をしていないかどうかのチェックも兼ねて、参考にしてみてくださいね。

今は日差しの強い夏の時期にだけに限らず、冬でも1年中必要で、レジャーには欠かせない「日焼け止め」ですが、使う頻度が多い分、正しく使用していきたいものです。

【関連記事】日焼け止めと虫除けスプレーを一緒にぬる時の順番は?効果は大丈夫?

日焼け止めの持続時間や成分についてもご紹介していますので、お肌のタイプや用途に合った日焼け止めを選んで、健康なお肌を保つようにしてくださいね!!

Sponsored Links