冬が終わり春が近づいてくると、太陽の光も暖かくなってくるのを感じます。

しかし、それは同時に、日焼け開始の合図でもあるのです!

冬に比べて日差しが強くなってくる春先には、予想以上の紫外線が降り注いでいますから、『冬の延長だから、まだ日焼けは大丈夫』などと油断していると、あっという間に日焼けしてしまう場合も…!

日焼けしてから後悔するよりも、そうなる前にしっかりと日焼け止め対策をしておきたいですね。

今回は、お肌に優しいと言われている『紫外線吸収剤不使用』で、石鹸で落とせて、しかも白浮きしない顔用にも使える日焼け止めを紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

紫外線吸収剤不使用日焼け止とは?

女性は、顔の日焼けを気にして、以前から気をつけている方も多いと思いますが、最近では、紫外線の影響が心配され、大人も子供も、日焼けに気をつけるようになりましたね。

そんな日焼け止めに配合されている日焼け止め成分は、大きく分けて2種類あることはご存知でしょうか?

紫外線吸収剤配合の日焼け止め

まず、1つ目にあげられるのが『紫外線吸収剤』が配合された日焼け止めです。

一般的な日焼け止めとして、多くの製品が開発、販売されています。

『紫外線吸収剤』とは、名前の通り、紫外線を吸収し配合された成分と化学反応を起こし、熱などのエネルギーに変換し放出することで、皮膚の日焼けを防ぐというものです。

化学変化は人体に無害ではありますが、『日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまう』という人は、配合された吸収剤の刺激で肌への負担となっている可能性が考えられます。

メリット

  • 伸びが良く、つけ心地が良い
  • 紫外線防止効果が高い
  • 白浮きしない

紫外線吸収剤配合の日焼け止めの多くは、使用感が良く白浮きしないのが特徴です。

白浮きしないことから、化粧下地としても使えことを売りにした製品も見かけますね。

また、紫外線防止効果が高いことから、屋外レジャー等に向いていると言えます。

デメリット

  • 肌に負担がかかる
  • 一定量の紫外線を吸収すると、それ以上吸収することが出来なくなる(塗り直しが必要)

上にも書いた通り、配合されている成分や化学反応が刺激となる場合があるため、お肌の弱い方にはあまりおすすめできないという点がありますね。

ノンケミカル・ケミカルフリー日焼け止め

『紫外線吸収剤不使用』や『ノンケミカル(ケミカル・フリー)日焼け止め』と書かれている場合は、化学合成成分である『紫外線吸収剤』が使用されていない日焼け止め製品のことを指します。

これらの製品には、紫外線防止成分として、『紫外線散乱剤』が使用されています。

この『紫外線散乱剤』は、化学変化ではなく、配合された散乱剤(パウダーなど)で鏡が光を反射させるように紫外線を反射させるのが特徴です。

『紫外線散乱剤』の原料は、金属や粘土などといった自然に存在するものが多く、『ノンケミカル』日焼け止めは、低刺激でお肌に優しい日焼け止めと言われています。

メリット

  • 肌への負担が少なくて済む
  • 紫外線防止効果の時間が持続する

デメリット

  • 着け心地が良くない(乾燥しやすい、ざらつくなど)
  • 紫外線防止効果が弱い
  • 白浮きしやすい

紫外線散乱剤配合の日焼け止めは、お肌への刺激が少ない分、つけ心地などは紫外線吸収剤には劣るようです。

しかし、最近では、紫外線散乱剤の開発が進み、より粒子を細かくするなどの方法によって、つけ心地が良い製品も見られるようになってきています。

また、紫外線散乱剤とオーガニックが融合した、さらにお肌に優しい日焼け止めも人気のようです。

(ただし、オーガニック製品は、使用されている天然成分にアレルギーがある人は注意が必要となります。

Sponsored Link

顔用も白くならない?石鹸で落ちる?

上にも書いた通り、『紫外線吸収剤不使用』の日焼け止めの場合、配合されている『紫外線散乱剤』の成分によっては、白浮きしてしまう場合があります。

これは、『紫外線散乱剤』として使用されている物質である、『酸化チタン』の白色が原因です。(他の物質が使われている製品もあります)

この『酸化チタン』の粒子が、紫外線を反射させることで肌への日焼けを防ぐ訳ですが、その粒子が大きいと白浮きしやすく、また、粒子間に隙間ができてしまうため、紫外線防止効果が落ちると言われています。

この2点を改善するため、粒子を細かくする技術によって『微粒子酸化チタン』や『超微粒子酸化チタン』などの開発が進んだことから、つけ心地が滑らかで白浮きしない『紫外線吸収剤不使用』の日焼け止めが増えています。

白浮きしないノンケミカルの日焼け止め

白浮きしない紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)の日焼け止めをいくつか、ご紹介します。

特に顔に塗る日焼け止めは、白浮きしないものを選びたいですよね。

ママバター(MAMA BUTTER)UVケアクリーム

石鹸で簡単に落とせます。

天然保湿成分シアバターを配合し潤いをプラスして、白浮きせず、むらなく伸びます。

SPF20/PA++と日焼け防止効果も問題ありません。

子供にもOK。

ビオレさらさらUV のびのびキッズミルク

 

紫外線吸収剤フリー、ウォータープルーフ処方なので水辺のレジャーにも。

キッズという名前はついていますが、大人でもOKです!SPF50+/PA++++と日焼け防止効果は抜群!

保湿成分配合で、きしまず、すっと伸びて白浮きせず、紫外線吸収剤の肌への浸透をブロックしているのも安心。

市販の洗顔剤や石鹸で落とすことができるのも魅力です。

【関連記事】子供の日焼け止めは毎日塗っても大丈夫?おすすめのオーガニックで落とし方も簡単

ピジョンUVベビーウォーターミルク

ベビーソープや石鹸で丁寧に洗って落とせます。

伸びの良い乳液タイプの日焼け止め。

有機系紫外線吸収剤不使用、無着色・無香料で生まれたての赤ちゃんでも安心して使え、大人の敏感肌の方にも向いていると言えますね。

毎日の紫外線ケア用にSPF15・PA++と、日差しの強い日におすすめのSPF25・PA++の2種類があります。

無添加工房OKADA 岡田UVミルク

敏感肌の方にはもちろん、赤ちゃんにも!

植物由来のエキス、または食品にも使われているレベルの肌にやさしい成分だけを使用しているため、合成界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・防腐剤・合成安定剤・紫外線吸収剤・シリコーン・合成ポリマー等を配合していない『 無添加 』となります。

SPF20/PA++と、日焼け防止効果もばっちりです。

石鹸で落とせます。

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン日焼け止めパウダー

天然ミネラルと美容液成分でできた日焼け止めパウダーです。

ノンケミカルで、SPF50/PA++++と高い日焼け止め防止効果があります。

紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方なので、敏感肌の方でも安心して使えますし、パウダーなので、お化粧直しにも持ってこいです。

また、普段のお化粧にプラスすれば、1年中使うことが出来ますよ。

パウダーだけであれば、石けんで落とせます。(お化粧の上に使用したときはクレンジングをしてください)

 

以上、白浮きしない『紫外線吸収剤不使用』の日焼け止めをご紹介しました。

それぞれ、使い心地や効果などには、個人差があると思います。

また、肌に直接つける日焼け止めは、本格的な使用の前に、下記のような『パッチテスト』を行うことをおすすめいたします。

簡単なパッチテストの方法

  1. 入浴後など、清潔な肌の状態で行いましょう。
  2. 二の腕の内側や太ももの内側など、皮膚が薄く敏感な部分に、試したい日焼け止めを少量(十円玉くらいの大きさ)塗ります。
  3. そのまま一晩おきます。
  4. 翌日、日焼け止めを塗った肌に異常がなければ問題ありません。

もし、肌に赤みやかゆみ、湿疹などの症状が現れた場合は、日焼け止めの使用を中止し、皮膚科などにご相談することをおすすめします。

尚、パッチテストをする部分には、他のクリームなどは塗らないでくださいね。

簡単ですから、日焼け止めを使い始める前にテストをすれば安心ですよ!

【関連記事】日焼け止めと虫除けスプレーを一緒にぬる時の順番は?効果は大丈夫?

さいごに

日差しの強くなる時期に欠かせない日焼け止めには、「紫外線吸収剤配合」と「不使用(ノンケミカル)」と、大きく2種類に分けることができます。

「不使用(ノンケミカル)」のものは、「紫外線散乱剤」が使用されていますが、配合された散乱剤(パウダーなど)が白くなる原因です。

しかし、最近では『微粒子酸化チタン』や『超微粒子酸化チタン』などの開発が進んだことから、つけ心地が滑らかで白浮きしない『紫外線吸収剤不使用』の日焼け止めが増えています。

今回は、お肌に優しいと言われている『紫外線吸収剤不使用』で、顔用でも白くならずに、石鹸で落とすことのできる日焼け止めをいくつかご紹介しましたので、参考にしていただけたらと思います。

紫外線の浴びすぎは人体に良くないため、正しく紫外線カットをして、肌トラブルを未然に防ぎたいですね!

Sponsored Links