『分数ものさし』というアイデア商品が誕生しましたね!

分数ものさしを使えば、小学生が一番つまずく可能性の高い分数の計算が簡単にできるようになるかもしれません。

これは予想以上に画期的な出来事で、分数の計算がきっかけで算数嫌いになる子供が減る可能性があります。

はじめパパはじめパパ

分数ものさしをAmazonで購入して、子供と一緒に使ってみた感想を書いてみたいと思います!

Sponsored Link

 

分数ものさしとは何?使い方は?画像

出典:朝日新聞DIGITAL

分数ものさしとは、ものさしの表面部分に『分数の目盛り』が書かれたものです。パット見て分数の大きさがわかるので、すっごく分かり易いですよね!!

なぜこれまで無かったのか不思議なくらいですが、シンプルでも凄い商品です。

この分数ものさしは、分数の計算通分をする際に使います。ひと目で分かり易いので、分数の計算が苦手な子供が減りそうですね!

分数ものさしを考えたのは誰?理由は?

分数ものさしを考えたのは浜松市西区に住む山本賢一朗君、小学校5年生(12歳)です。

2016年、小学校5年生の頃には既に夏休みの自由研究で考えていたそうです。分数ものさしを考えた理由は、

「小学5年生の分数の割り算、掛け算で友達が苦労していたから。」

「なぜ通分しないといけないか説明できなかった。」

ということですが、友達が分数の計算を簡単に解くことができるようにと考えたようです。

ママママ

分数の計算が苦手な友達のために考えるなんて優しい子なのね♪

分数ものさしをAmazonで購入する方法

ニュース報道によると分数ものさしが商品化されるのは、2017年11月頃です。

まだ発売されていないので、発売されたら購入して子供と使ってみた感想を書きたいと思います♪

10歳♂10歳♂

ワーイ!楽しみ~♪

『歴史を見るものさし』も便利!

分数ものさしをAmazonで探していたら、『歴史を見るものさし』という商品を発見しました!

このものさしには原始時代から平成までの年号や時代の移り変わりが書かれています。この定規も面白いですね♪

※下の画像をクリックして、そのまま購入することができます!

分数ものさしはカンニング?

だけど、これだけ便利だと『分数ものさし』ってカンニングにはならないのでしょうか?笑

この定規を使えば、分数の計算や通分ができることを考えると、分数ものさしを持っている子供と持っていない子供で『差』が生まれそうですよね・・。

テストの時は『分数ものさしを使わせないようにする』などの対策が必要そうです。全国模試の時もルール作りが必要ですね!

Sponsored Link

分数ものさしの指導案を作って授業に導入?

持っている子供と持っていない子供の差を考えると、小学校の算数セットの中身に入れるのも良いと思います。

小学校の中には、すでに分数ものさしを使う授業の『指導案』作りをしている学校もあるようです。近い将来、算数セットの中身に分数ものさしが入る可能性は高いかもしれませんね!

ママママ

先生が教える時や家庭学習でも役に立ちそうです!

まとめ

分数ものさしの登場で、小学生の子供たちの算数嫌いが減りそうですね♪それから、分数の計算を苦労して教えていた先生たちの負担も減りそうです!

友達のために分数ものさしを考えた山本賢一朗君、ありがとう!

我が家の子供たちも活用したいと思います。

今後も子供たちが楽しんで学べるアイデア文具が増えるといいですね~♪

Sponsored Links