美しい響きで印象に残る、『五月雨(さみだれ)』という言葉。

日常生活や、文学でも、ビジネスの場で使われることもあるので、どこかで1度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。

ところで、春の雨を表す『春雨(はるさめ)』という言葉もありますが、『五月雨』とは違うようなのですが、どんな違いがあるのでしょう?

ママママ

同じ時期の雨のようだけど・・なぜ言い方を変えるのかしら?

実は、“五月”という漢字が使われていることから、晩春を指していると思われる『五月雨』ですが、梅雨の時期に使われる言葉だというのは本当でしょうか?

【関連記事】梅雨の時期はいつからいつまで?例年の平均期間や関西と東京の違い

今回は、『五月雨』の本来の意味や、ビジネスでの使い方についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

五月雨の時期は梅雨の季節?本来の意味

5月は、春から本格的な夏の手前、新緑がキレイで暖かさに身体が慣れて、何とも気持ちの良い季節ではないでしょうか?

そんな“五月”の文字を使った言葉が、日本語にはいくつかありますね。

『五月雨(さみだれ)』も、そんな言葉の中の1つ。

文字だけ見ると、5月に降る雨という意味に取れるこの言葉。

字面だけ見ると、若葉の緑に水滴が落ちる、そんな爽やかな雨を想像しますが、実は、“五月”という漢字が使われているにも関わらず、5月の事を指している言葉ではないのです!

にゃーにゃー

5月に降る雨のことじゃないの?驚きだにゃー!!

では、『五月雨』とは、本来、どの季節を指していて、どのような意味なのでしょうか?

辞書を引いてみると、『五月雨』は、次のように載っています。

さ‐みだれ【五‐月‐雨】

《「さ」は五月(さつき)などの「さ」、「みだれ」は水垂(みだれ)か》

  1. 陰暦5月ごろに降りつづく長雨。梅雨。つゆ。さつきあめ。《季 夏》「―を集めて早し最上川/芭蕉」
  2. 断続的にいつまでもだらだらと続くことのたとえ。「―式」「―戦術」

出典:デジタル大辞林

このように五月雨は、梅雨の時期に降り続く雨のことを指すようです!

5月の爽やかな雨どころか、むしむし、じめじめした長雨の梅雨のことを指すとは、ちょっと意外ですよね?

しかし、一般的に5月は梅雨の時期には少し早い気がしますが、これにもきちんとした理由があるのです。

これは、旧暦(陰暦)と新暦(現在の暦)が、ずれていることに関係します。

旧暦は、現在の暦(カレンダー)が使われる以前に使われていたもので、現在でも、お正月や節句などを旧暦で行う地域もありますね。

七夕まつりが有名な仙台でも、新暦の7月7日ではなく、旧暦で、月遅れの8月7日に行わています。

そんな旧暦の5月(皐月(さつき))は、新暦では5月下旬から6月下旬頃になるため、旧暦の5月は、梅雨の頃を指すのです。

五月雨は俳句では夏の季語

それに、俳句などで使われる“五月雨”という言葉は、夏の季語になっています。

本来、五月雨は梅雨の時期を指していますから、季語は夏で間違いありません。

新暦で暮らす現代では、そのずれに違和感がありますが、俳句を詠まれる方には、「何をいまさら」と当たり前のことなのかもしれませんね。

この『五月雨』と同じように、“五月”を使った言葉がいくつかあるのですが、同じように間違った使い方をされてしまいがちな言葉を紹介しておきましょう。

五月晴れ(さつきばれ)

この言葉から、5月の若葉かおる爽やかな空気に包まれ晴れ渡った空…を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、『五月雨』が、梅雨の時期を指しているように、この『五月晴れ』の“五月”も旧暦の5月、ようするに梅雨の時期を指しているのです。

ジジジジ

本来の意味は、梅雨時に垣間見られる晴れ間の事を表す言葉なんじゃ

こちらも、夏の季語となりますよ。

ただ、『五月雨』と違い、この『五月晴れ』に関しては、上に書いたような“5月の若葉かおる爽やかな空気に包まれ晴れ渡った空”という意味で使っても間違いではなくなりつつあるようです。

基本的には 『五月晴れ(ごがつばれ)』と読むと5月にふさわしい表現になりますが、今では『五月晴れ(さつきばれ)』という読み方でも、5月の晴れ間として認められてきており、いろんな辞書でも正しい意味合いとして、きちんと掲載される場合が増えています。

たしかに、本来この使い方は間違いであったわけですが、国語は時代に合わせて変わるもので、元々の意味とは違う表現でも、使う人が増えることで意味そのものが変化するのです。

この『五月晴れ』が、まさにそうであって、言葉が進化したと言えるのかもしれませんね。

五月雨雲(さみだれくも)

5月の晴れ間に浮かぶ白い雲…でないことは、もうお分かりですね。

こちらも、旧暦の5月が舞台で、梅雨の頃に見られる雲を指します。

五月闇(さつきやみ)

こちらも旧暦の5月を指している表現です。

梅雨の頃の夜の暗さや、その暗闇を表す表現として使います。

五月雨と春雨の違い

さて、『五月雨』とは、字面のような5月=春の雨でなく、梅雨の時期を指すことは、お分かりいただけたでしょうか。

よって、春の季語となる『春雨』と『五月雨』は、表す季節が違うことになることから、まったく違う意味合いを持つ言葉になります。

五月雨と同じように、季節の雨を表す『春雨』は、美しくて有名な言葉ですから、こちらについてもご紹介したいと思います。

辞書には、

春、しとしとと静かに降る雨。しゅんう。《季 春》「―やものがたりゆく簑(みの)と傘/蕪村」

と書かれています。

ジジジジ

『春雨』と書いて、『はるさめ』と読むが、本来は『春小雨』で“はる”・“さめ”と読むんじゃよ

『月形半平太』の有名なセリフに「春雨じゃ。濡れてまいろう。」とありますが、冬の寒さが去って春の暖かさと生命の息吹を感じる中、細かく静かに降る柔らかい雨には、濡れてもいいかな?と思わせる風情があるようです。

もちろん、春の雨にも、いろいろな種類の雨がありますね。

春雷と共に豪雨のような強い雨も降りますから、いつも同じような柔らかい降り方をするわけではありませんが、春雨は雨粒の細かな雨が柔らかく降るイメージです。

春の雨にも、他にも様々な表現があるようです。

春霖(しゅんりん)

春、3月から4月にかけて降る長雨。なたねづゆ。

春驟雨(はるしゅうう)

春に降る、夕立ちを思わせるような激しい雨。

春時雨(はるしぐれ)

春になって降る時雨のこと。『時雨』は冬の季語であるが、『春時雨』は春の季語となる。

Sponsored Link

五月雨のビジネスでの使い方

さて、『五月雨』を使った言葉で 、『五月雨式(さみだれしき)』という表現がありますが、これはどのような使い方や、意味があるのでしょうか?

『五月雨式』は、『途中途切れる事がありながらも、だらだらと長い間物事が続くこと』という意味で使われます。

まさに、“五月雨”=“梅雨の時期にしとしとと降り続ける長雨”が元になった言葉ですね。

はじめパパはじめパパ

五月雨式はビジネスで使われる言葉で、案件や要件の連絡を一度で完結せず、複数回に分けて連絡したり、分割して納品する時などに使われる場合が多いんだね。

五月雨式に納品する

一度に納品できない場合など、あまり間を置かず回数を分けて納品する場合などに使われます。

製造などが間に合わず、予定していた数を一度に揃えられない場合は、「五月雨式の納品で申し訳ありません」といった謝る場合に使いますが、発注側がとにかくいくつでも良いからすぐにでも納品して欲しい時などは、「五月雨式納品でも構いません」という風に、シチュエーションに合わせて使えます。

五月雨式に連絡してしまい、すみません

連絡が複数回に分かれてしまったことをお詫びします、という意味で、主にビジネスメールで使われています。

もう1ヶ月以上も五月雨式に会議が続いている

会議にかけるも、なかなか結論が出ず、だらだらと時間だけが過ぎている状態が伺えますね。

このように、ビジネスの場で使われる場合がある『五月雨』のついた言葉は、意外と本来の意味を知らずに使っている場合もありますから、しっかりと覚えておくと良いですね。

さいごに

『五月雨』は、5月の爽やかな季節の雨ではなく、旧暦の五月=梅雨を指す言葉

一般的に間違った使い方をされているようですので、この機会に、間違いを正しておくと良いですね。

また、『五月雨式』という言葉も、ビジネスの場で使われることがありますので、ついでに覚えておきたいものです。

『春雨』と『五月雨』は、示している季節が異なりますが、どちらも、季節の雨を表す言葉としては有名です。

【関連記事】春雷(しゅんらい)の意味とは?俳句の季語やことわざの使い方を説明

それぞれの簡単な意味や、似た言葉をご紹介したので、参考にしていただけたらと思います。

Sponsored Links