公園などの外遊びが大好きな子供たち。大人ならなるべく外に出たくない寒い季節でも、子供はお構いなしに外で遊びたがりますよね?

冬は風邪など、夏は熱中症などの心配もありますが、年間を通して気を付けたいのが、『日焼け』です。日焼けと言えば夏だけと思う方も多いと思いますが、紫外線は1年中降り注いでいますし、春頃から、急激に紫外線の量は増加します!

浴びすぎると人体に悪影響を及ぼすと言われている紫外線。そんな紫外線カットに有効なのが、日焼け止めですが、子供のお肌に毎日塗っても大丈夫なのか気になりますよね?

そこでおすすめなのが、オーガニック製品です。今回は、私も使用している子供に使えて、落とし方も簡単と言われている、オーガニック日焼け止めについてご紹介しますね!

Sponsored Link

 

子供の日焼け止め、おすすめはオーガニック!

紫外線は、ビタミンDの生成や新陳代謝の促進など、人体に必要ではありますが、大量に浴びることで、皮膚病や眼病など、人体に悪影響を及ぼすと言われています。南半球では、紫外線の影響で皮膚がんが増えたという報告もされているとか…。

紫外線の悪影響が報告されてから、夏に限らず、日焼け止めを使っている人は増えたのではないでしょうか?そんな中で、子供に使う日焼け止めは、どうしていますか?

大人より敏感なお肌の子供に使うものですから、できるだけ安心できる日焼け止めを選びたいものですね。そこでおすすめしたいのが、私も使用し効果絶大の『オーガニック日焼け止め』です。化学肥料や農薬を使用せず、有機素材で作られた“オーガニック”製品は、最近とても人気ですよね!

そんな“オーガニック”を使った日焼け止めとは、どんなものなのでしょうか?

そもそも、日焼け止めは、大きく2つに分けることができるのです。

一般的な日焼け止め

特に表記のない日焼け止めには、『紫外線吸収剤』が使用されています。これは、その名の通り紫外線を吸収し化学変化で熱などのエネルギーに変換し放出することで、皮膚の日焼けを防ぐというものです。化学変化は無害ではありますが、「日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまう」という人は、配合された吸収剤が刺激になっているのかもしれません。特に、敏感肌の方や肌のデリケートな小さな子供には負担が大きいかもしれませんね。

“ノンケミカル(ケミカルフリー)”の日焼け止め

こちらは、化学合成成分である『紫外線吸収剤』不使用の日焼け止め製品のことを指します。“ノンケミカル(ケミカルフリー)”の日焼け止めには、『紫外線散乱剤』が使用されています。この『紫外線散乱剤』は、化学変化ではなく、配合された散乱剤(パウダーなど)で鏡が光を反射させるように紫外線を反射させるので肌への負担が少なくてすみますし、原料は金属や粘土などといった自然に存在するものが多く、“ノンケミカル”日焼け止めは、低刺激でお肌に優しい日焼け止めと言われています。

そして、今回おすすめする『オーガニック日焼け止め』は、オーガニック素材を使った、“ノンケミカル”日焼け止めの一種となります。“ノンケミカル”日焼け止めと“オーガニック”の融合ですから、さらにお肌に優しい日焼け止めが期待できそうですよね。以前は、オーガニック成分100%処方の日焼け止めは実現不可能と言われていたようですが、最近では、化学成分を一切使わない『オーガニック100%』日焼け止め製品も登場しました!

しかも、石鹸などで簡単に落ちる製品が多いので、専用のクレンジング剤などが不要なのも嬉しいですね。ただし、オーガニックは、自然素材を使用していますから、その素材にアレルギーがあると、逆に肌トラブルの原因になることも考えられますので、お使いの際は、使用原料をご確認くださいね。できれば、本格的に使う前に『パッチテスト』を行うのをおすすめします!

 

子供の日焼け止めのパッチテストの方法は?

日焼け止めや化粧品などに、『パッチテストを行ってください』と書かれているのをみたことがありますか?“パッチテスト”とは、『皮膚アレルギー試験』のことです。初めて使う日焼け止め製品などは、パッチテストをして問題がないとわかれば安心して使用することができますよね。そこで、簡単なパッチテストの方法をご紹介します!

  1. お風呂の後など、肌をきれいにした状態が望ましいです。
  2. 二の腕の内側や太ももの内側など、皮膚が薄く敏感な部分に、試したい日焼け止めを少量(十円玉くらいの大きさ)塗ります。
  3. そのまま就寝、おやすみなさい。
  4. 翌日、日焼け止めを塗った肌に異常がなければ問題なく使えます

いかがですか?もし、肌に赤みやかゆみ、湿疹などの症状が現れた場合は、日焼け止めの使用を中止し、皮膚科などにご相談することをおすすめします。簡単ですから、日焼け止めを使い始める前に、一度お試しくださいね!

Sponsored Link

子供の日焼け止めは毎日塗っても大丈夫?落とし方も簡単!

せっかくのオーガニック日焼け止めも、使い方が正しくないと、きちんとした効果は得られません。日焼け止めには、“SPF”や“PA”という表示がありますが、ご存知ですか?簡単に説明すると、“SPF”とは、皮膚表面に炎症などを伴う日焼けを防ぐ効果があります。炎症がおさまり皮膚が剥けることで肌は回復しますが、皮膚の奥(真皮)に到達した紫外線はシミやソバカスの原因になります。

そして、“PA”には、日焼けした肌を黒くする『サンタンニング』を防ぐ効果があります。サンタンニングは肌への悪影響は比較的少ないと言われていますが、過度のサンタンニングは、将来的にシワやたるみの原因となります。この“SPF”の数値や“PA”+の数が多い方が良いと思われるかもしれませんが、“SPF”が高いと石鹸などでは落ちにくいものも多く、これらの数値が高ければ高いほど、お肌への負担もかかってしまうようです。

また、子供は日焼け止めには無頓着。せっかく塗った日焼け止めを汗と一緒にタオルでゴシゴシ…そうなると、「長時間タイプの日焼け止めを塗ったから大丈夫」と思っていても、まったく効果がないこともありますよね?

ですから、子供には数値の低いものを、こまめに塗りなおしてあげるほうが、日焼け止めの効果が得られると思います。日中、外出するときには、必ず日焼け止めを塗りましょう。もちろん、毎日でも大丈夫ですよ!

そして、もう一つ大事なことがあります。それは、1日の終わりには、塗った日焼け止めを必ず落とすことです。お肌に優しいオーガニック日焼け止めといえども、つけたままでは、お肌の負担になってしまいます。

オーガニック日焼け止めは、そのほとんどが石鹸で簡単に落とせるようです。

ボディソープでも大丈夫なので、良く泡立てて優しく洗ってあげれば日焼け止めは落とせますし、中には、お湯だけで落ちる製品もあるそうですから、小さなお子さんには使いやすそうですね。

お肌に優しいオーガニック日焼け止めを正しく使って、ぜひ、お子さんのお肌を日焼けから守ってあげてくださいね!

まとめと感想

子供の日焼け止めは毎日塗っても大丈夫?おすすめのオーガニックで落とし方も簡単についてまとめてみましたが、どうでした?

大人よりも敏感な子供の肌には、化学物質を使わず栽培されたオーガニック素材と化学物質を使わない“ノンケミカル”の日焼け止め、『オーガニック日焼け止め』をおすすめします。

日焼け止めは毎日塗っても大丈夫ですが、夜には必ず落とすことが大事ですよ。

また、初めて使う日焼け止めは、パッチテストで問題ないことを確認することをおすすめします。

パッチテストのやり方を載せましたので、参考にしていただけたらと思います。

どんな日焼け止めでも、正しい使い方をして、お子さんのお肌を大切にしてあげてくださいね!

Sponsored Links