スマホ育児が何かと話題になっているようですね。

我が家の息子たちもスマホが大好き!だってスマホにはゲームやYouTubeなど子供が大好きなものが詰まっています。

私が小さい頃にはスマホは無かったので、とても羨ましいなぁと思いますね。

しかし、やはりスマホ育児を疑問視する声は多く、メリット・デメリットやスマホ育児の実態を問題とする専門家などもいるようです。

あなたの家のスマホ育児の状況はどうですか?

そこで、今回はあらためてスマホ育児について考えるとともに、我が家の”スマホ育児対策”についてご紹介していこうと思います。

Sponsored Link

 

スマホ育児のメリット・デメリットとは?

そもそも”スマホ育児”という言葉が誕生したのは、スマホが子育てにとても便利で実際に使用してる親が多いからだと思います。

最初は私も半信半疑で子供にスマホを渡して遊ばせていましたが、本当に便利!!

しかも、信じられないくらい子供はスマホの扱いかたが上手で、1歳の息子でさえ自分でアプリを選んで操作して遊んでいました。

直感的に扱えるスマホは、子供との相性もとてもいいんでしょうね・・。

しかし、スマホ育児のメリット・デメリットとはどういうものがあるのでしょうか?

私が育児をしていて感じるのは次の通りです。

 

メリット

  • 忙しい時などに便利
    家事(特に夕食の準備)中に見せておくと静かになる。
  • あやす時間が少なくなる
    泣いていてもスマホを見せると不思議と泣き止みます。
  • 知育アプリの登場
    ゲームよりは知育アプリで遊ばせると脳の発達に良い。
  • 家族のコミュニケーションツールとして使える
    アプリなどで一緒に遊ぶことができる。

デメリット

  • 周囲の目が気になる
    公共の場所では使いにくい。
  • 視力が悪くなる可能性が大きい
    長時間の使用は視力が心配。
  • 将来のスマホ依存につながる
    大人になってからのスマホ依存の心配がある。
  • 人との触れ合いが少なくなり、コミュニケーション能力が育たなくなる
    スマホとばかり向き合うようになる。(スマホ中毒)
  • 外で遊ぶ機会が減る
    必然的に家の中で遊ぶ時間が増える。
  • 有害な情報に触れる可能性がある
    子供が見てはいけないサイトなどに簡単につながる。

 

スマホ育児の実態

スマホ育児の実態については、子供への良い・悪い影響どちらの意見もあるようですね。

しかしその前に確認しておかなければいけないのは、大人でもスマホに夢中になっているという状況です。

あなたは子供の前でスマホをどれくらい使っていますか?

現代は大人が”スマホ依存”になっていて、それに関する疾病も社会問題となっていますね。

そんなスマホをよく使う大人を見て育つ子どもたち。

私は親がスマホを頻繁に使う子供は、自然とスマホ依存の可能性が高まると思っています。

あなたがスマホを使っている時に、子供は寂しそうな目であなたを見ていませんか?

 

我が家のスマホ事情

我が家では、なるべく子供の前でスマホを使用しないように心がけています。

しかし、心がけだけでは夢中になった時に自分では気が付かないので、嫁と一緒にお互いを注意(声掛け)をするようにしています。

そうやって夫婦でお互いに気を付けることで、まずは親自身がスマホ中毒になりにくい、子供に親がスマホ中毒の姿を見せない環境を作っています。

我が家では、子供のスマホ育児対策はそこからのスタートだと考えています。

Sponsored Link

スマホ育児の問題対策

最後にスマホ育児の対策について考えていきます。

スマホ育児の問題点は、デメリットで挙げたものですね。

  • 周囲の目が気になる
  • 視力が悪くなる可能性が大きい
  • 将来のスマホ依存につながる
  • 人との触れ合いが少なくなり、コミュニケーション能力が育たなくなる
  • 外で遊ぶ機会が減る
  • 有害な情報に触れる可能性がある

しかし、これをよくよく見ていくと親のコントロール次第で解決できるものばかりではないでしょうか?

先程ご説明した通り、まずは親が自分自身をコントロールできていることが前提になりますが、私のおこなっている対策についてご紹介していきますね。

 

周囲の目が気になる

公共の場所の場合でスマホを使用する場合は、子供と一緒に絵本を読む感覚で行えばいいと思います。

私の経験では、飛行機の中などの密閉された空間でストレスを感じ泣く子供にはスマホがとても便利でした。

周囲の目を気にすることなく、泣いて迷惑をかけるよりは、子供と一緒にスマホで楽しめばいいと思います☆

 

視力が悪くなる可能性が大きい

スマホに限らずテレビやゲームにもあてはまります。何もスマホだけが悪いのではなく、長時間見続けることの影響です。

気になる時は、時間を決めてやらせることにしましょう!

おすすめはアラーム機能を使い、終了時刻を設定しておくことです☆

 

将来のスマホ依存につながる

現在でもゲーム依存などがあるくらいなので、確かに将来の不安はあります。しかし、あまり恐れすぎずに、まずは親自身が正しい姿勢を見せること、それからスマホとの付き合い方をしっかりと教えていきましょう。

将来はスマホが生活に連動している社会が実現している可能性が高いです。子供から完全にスマホを断つのは、逆にデメリットの方が大きい可能性があります。

 

人との触れ合いが少なくなり、コミュニケーション能力が育たなくなる

子供の頃は触れ合いの機会が大事だと思いますが、スマホを使うからコミュニケーション能力が育たないと言いきるのは危険です。

実際に我が家では、スマホのアプリを使って簡単に遠隔地に住んでいる祖父母と子供がテレビ電話でコミュニケーションをしています。

スマホも使い方次第で、コミュニケーション能力を育てるツールにすることが出来ると思います。

 

外で遊ぶ機会が減る

ある日突然、子供が「幼稚園に早く迎えに来て!」と言いました。「なんで?」と聞きかえすと、「YouTubeが見たいから」と答える息子

それまでは友達と遊びたいから「遅く迎えに来て」と言っていたのに・・さすがに、これには少々驚いた記憶があります。

そんな時、私がおこなっている対策は”スマホ(YouTube)をやる時間を決める”ということです。

親がしっかりコントロールして決めてやることで、子供も約束を守ってくれますし、お互いにストレスなくスマホに向き合うことができます。

 

有害な情報に触れる可能性がある

「閲覧禁止の設定」や「年齢設定」で、サイトの閲覧を制限することができます。

自分で出来ない場合も携帯ショップなどに相談すれば設定できますので、ぜひお気軽に最寄りの携帯ショップにお尋ねくださいね。

【関連記事】スマホ育児に賛成反対?NHKおはよう日本の内容や母親、専門家の意見

 

まとめと感想

スマホ育児のメリット・デメリットとは?実態や問題対策は大丈夫?について、ご紹介してきました。

どんどん私たちのライフスタイルに浸透してきているスマホですが、便利になる一方”スマホ育児”のような社会問題も起きていますね。

そんな時に私たちが心がけるべきことは、”スマホに踊らされるのではなく、私たち自身がスマホをコントロールする意識”だと思います。

子供はそれが出来ません。私たち親がしっかりとコントロールしてあげるようにしましょうね☆

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links