ケーキなどを買うと箱の中に入れてくれる保冷剤、凍らせて繰り返し使うことができるので便利ですよね!

ご自宅の冷凍庫に何個か入っているという場合も多いと思いますが、気が付くと増えすぎてしまって邪魔…ということもありませんか?

また、寒い季節に手元にあるとありがたい使い捨てカイロ。翌朝、コートのポケットで冷たくなって発見されることも少なくありませんよね?

こんな、増えすぎてしまった保冷剤や効果がなくなったカイロは、そのまま捨ててしまうのが一般的だと思いますが、私は捨てる前に、もうひと働きしてもらっています!

今回は、余った保冷剤や使い終わったカイロを消臭剤として再利用する方法をご紹介したいと思います。また、保冷剤とカイロで中身の成分の違いや、効果の続く時間についても詳しく説明していきたいと思いますよ。

Sponsored Link

 

保冷剤を再利用!中身の成分の違いは?

まずは、凍らせることで繰り返し使える保冷剤の中身には、どのような材料が使われているのか調べてみました。

 

【保冷剤の主な材料成分】

保冷剤の主な成分は、水と高吸水性ポリマーからできています。これらの成分に関しては、どの保冷剤も違いはないようです。

高吸水性ポリマーは、自重の数百倍から約千倍までの水を吸収しゲル状にして保持することができるため、この特性を活かして紙おむつなどに多く使われています。

また、高吸水ポリマーは水分を含むことで表面に小さな凹凸ができ、この凸凹がニオイの成分を吸い寄せることで消臭効果が得られるため、消臭剤としても使われています。

高吸水性ポリマーは、手で触れても人体に害はありません。しかし、誤飲などで飲み込んでしまうと、体内で水分を吸収し喉のつかえや、腸などで詰まってしまう可能性もあります。

また、一部の高吸水ポリマーには『エチレングリコール』という毒性の強い成分が使われていることがありますので、絶対に口にはしないでくださいね。

 

保冷剤が再利用で消臭剤に!作り方は?

上に書いた通り、保冷剤に使われている高吸水性ポリマーは、ニオイを吸着する効果があります。市販の消臭剤にも使われているので、その効果は期待できますよね!

それではさっそく、保冷剤で消臭剤を作ってみましょう!

と言っても、基本は、適当な容器に袋の中身の保冷剤を入れるだけ。それだけでも十分、消臭剤にはなりますが、ちょっと殺風景でつまらないので、今回は、私のおすすめのアレンジ方法で簡単で見栄えのする消臭剤の作り方をご紹介しますね。

【材料】

  • 保冷剤(溶けた状態で2、3袋)
  • 保冷剤が入るくらいの大きさの容器(空き瓶やプリンカップなど)
  • 好きな色の水彩絵の具や水性カラーペン
  • ペットボトルのキャップなど(色水を作るために使います)
  • 飾り(ビーズや造花、プラスチックのマスコットなど)
  • アロマオイル(お好みで。虫よけ効果のあるオイルもおすすめです)
  • 混ぜる物(使い捨てできる割りばしやプラスチックのスプーンなど)

【作り方】

  1. 用意した容器に保冷剤の中身を入れます。
  2. ペットボトルのキャップに水を少しだけ入れて絵の具を溶かし、色水を作ります。カラーペンの場合は、ペン先を水にちょんちょんとつけてください。
  3. できた色水を、保冷剤に加え混ぜます。少しずつ色水を加えてお好みの色にしてくださいね。濃い色水をざっと混ぜただけのマーブル柄も可愛いです。
  4. 香りを付けたい時は、アロマオイルも加えて混ぜましょう。
  5. 飾りを入れて出来上がり!

いかがですか?

色や飾り、アロマオイルなどは無くても問題ありませんよ!もっとおしゃれにしたいときは、色をつけた保冷剤を何色か用意し層のようにしたり、きれいなガラス瓶を使って容器をデコレーションしてみても良いですね。

使用する容器は、高吸収ポリマーの表面積が大きくなるように口が広いタイプがおすすめです。

置く場所は、トイレや玄関、リビング、靴箱などどこでもOKですが、誤飲防止など安全のために乳幼児やペットに届かない場所に置いてくださいね。

また、食品を入れる冷蔵庫なども避けましょう。

 

保冷剤が再利用で消臭剤に!効果が続く時間は?

保冷剤を使った消臭剤は、直射日光の当たらない場所でも1週間ほどで干からびてしまいます。そうなると、消臭効果もなくなりますので、燃えないゴミとして処分しましょう!(容器は、各自治体ごとのルールに従って処分してくださいね)

また、一度に大きな瓶にたくさん作ってしまうと、干からびる前にカビが生えてしまうことも…。たくさん作っても、小さな容器に小分けして入れるのがポイントですよ。

 

カイロを再利用!中身の成分の違いは?

さて、次は、使い捨てカイロの再利用についてご紹介しますね。まずは、使い捨てカイロの中身の成分を調べてみました!

 

【使い捨てカイロの材料成分】

使い捨てカイロの主な材料は、鉄粉、水、活性炭、バーミキュライト、高分子吸水剤、塩類などです。

上の材料は、鉄粉の酸化作用を利用するにあたって、酸素を取り込むために活性炭が、鉄の錆びを促進する水やその水を保水するためにバーミキュライトが、塩類で酸化を速め、それを高分子吸水剤で保持するという役割があります。

尚、メーカーによっては成分の違いがあるようですので、ご確認くださいね。

人体に害のある材料は使われていませんが、中身が黒い粉ですので、袋が破け飛び散ってしまうと掃除が大変になるかと思います。

Sponsored Link

カイロが再利用で消臭剤に!使い方や効果が続く時間は?

使用済みの使い捨てカイロを消臭剤として使う方法は難しくありません。なぜなら、使い終わったカイロをそのまま、靴箱や冷蔵庫に入れるだけだからです!簡単この上ありませんよね?

使い捨てカイロが消臭剤となるのは、使われている材料の活性炭の効果によるものです。しかも、使い捨てカイロは、不織布という破れにくく空気を通す袋を使っていることもあって、手を加えなくともそのままで立派な消臭剤となるのです。

とはいえ、使い捨てカイロに使われている活性炭は、市販品に比べれば量が少なくなります。その為、強烈な臭いや長時間の消臭には向かないようです。

そこでおすすめなのが、靴に直接入れてしまう方法!

使い捨てカイロが2つあれば、靴1足分になりますね。そのまま靴に入れて一晩、翌朝には消臭と吸湿、2つの効果が得られます。

ですが、上にも書いた通り、市販品には及びません…あくまで、捨ててしまうものを再利用しているだけだと、ご了承くださいね。

毎日、使い捨てカイロを使っているなら、簡単にできますから、試してみてくださいね!

 

まとめと感想

保冷剤やカイロが再利用で消臭剤に?中身の成分の違いや効果が続く時間は?についてご紹介しましたが、どうでしたか?

保冷剤、使い捨てカイロの中身には、どんな成分が使われているのか?保冷剤に使われている高吸水ポリマーは、市販の消臭剤に使われているため、その消臭効果は間違いないようです!

余った保冷剤を再利用して、簡単で可愛い消臭剤の作り方をご紹介したので、試していただけたらと思います。効果がなくなれば、可燃ごみとして捨てることができるので、お手軽ですよ。

高吸水ポリマーは、触っても害はありませんが、毒性のある成分が使われていることもありますから絶対に口にはしないでくださいね!

また、使い終わった使い捨てカイロも、消臭剤として再利用できます。ですが、含まれている活性炭の量が少ないため、効果が続く時間は期待しない方が良いです。とはいえ、捨てるだけなら、その前に試してみても損はありませんよね。

余っている物や使い終わって捨てるだけの物を、簡単に再利用してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links