気持ちの良い初夏と、本格的な暑い夏の間にやって来る梅雨。

雨が増えてジメジメとした時期の梅雨ですが、一体、いつからいつまでが梅雨とされているのか、例年の平均期間について調べてみました。

また、同じ日本でありながら関西と東京では梅雨の種類が違うようですが、その違いとはどのようなものなのでしょうか?

家族で旅行をする際、レジャー施設の多い東京や大阪に旅行に出かけても、雨だったらガッカリですよね。

そんな東京や大阪の大体の梅雨の時期を覚えて、家族の旅行の予定などを立てやすく出来ればと思います。

今回は、梅雨のあれこれについて調査してみましたよ。

Sponsored Link

 

梅雨とは?なぜ毎年起きるの?

『梅雨』と書いて、『つゆ』、または『ばいう』と読みますね。

梅雨とは、5月上旬から7月下旬の間、雨や曇りの日が多い期間に使われる名称です。

地域によって梅雨入り、梅雨明け、日数は違いますが、平均でおよそ1ヵ月半の間、雨や曇りの日が多くなります。

なんとなく梅雨は日本特有のような気がしますが、それは間違いで、日本以外にも、中国や韓国、台湾などといった東アジア地域で見られる気象現象となります。

ちなみに、中国でも梅雨は、『梅雨(méiyǔ)』と表記されるそうですよ!

中国でも梅の実が熟す頃なのでしょうか?

そもそも梅雨とは、南より来る暖かく湿った気団(暖気)と北からの冷たく湿った気団(寒気)がぶつかることで、そこに東西数千キロメートルに渡ってできる停滞前線が梅雨前線です。

暖気と寒気のせめぎ合いが続く間、この梅雨前線は1、2か月かけてゆっくりと北上していき、その間に雨を降らせるのです。

ちなみに、日本国内でも、北海道と小笠原諸島には、梅雨がないと言われています。

北海道に梅雨戦線がかかることもあるそうですが、その頃には梅雨前線の勢力が弱く、北上する速度も速くなり、長雨になりにくい傾向にあるためと言われています。

稀に、『蝦夷梅雨』と呼ばれ、初夏に2週間ほど雨が続くことはあるそうですが、気温も湿度も高くなく比較的過ごしやすいということです。

小笠原諸島は、気団がぶつかる中心から離れているため、梅雨前線の影響を受けないそうです。

梅雨がないなんて、少しだけ羨ましいですよね。

梅雨の時期はいつからいつまで?例年の平均期間は?

さて、梅雨前線の影響で雨が降る梅雨ですが、大体、いつからいつまでの時期になっているのでしょうか?

梅雨の発表は、一週間ほど先の天気予報に基づいて、気象庁と管区気象台が発表します。

 

梅雨前線は、南から北に抜けて行くので、梅雨入りと梅雨明けも、南の地域から始まるため、一番早く梅雨入りする沖縄地方で、例年、梅雨入りが5月9日頃、梅雨明けが6月23日頃、期間は46日間程度となります。

最後に梅雨前線が到達する東北北部では、梅雨入りが6月14日頃、梅雨明けが7月28日頃、期間は45日間となっています。

 

こうしてみると、梅雨前線がいかに広範囲で、時間をかけて北上しているかが分かりますね!

沖縄と東北北部では梅雨の始まりと終わりが、およそ1か月違いますが、梅雨の期間は同じくらいですね。

では、沖縄と東北に挟まれた、関西(近畿)と東京(関東甲信)はどうでしょうか?

例年でみると、東京の梅雨入りは6月8日頃、梅雨明けが7月21日頃となり、その期間は44日間

関西では、例年の梅雨入りが6月7日頃で、梅雨明けが7月21日頃、期間は43日間となっていて、東京と大きな違いはないようですね。

ところが、梅雨の時期や期間に大きな差がないように見える東京と関西ですが、実は大きな違いがあるようなのです!

Sponsored Link

梅雨の時期、関西と東京の違いとは?

では、東京と関西の梅雨で大きく違うのは何なのでしょう?

ずばり、雨の降り方が、ぜんぜん違います!

東京を含めた東日本の梅雨は、シトシトとぐずつく日が多いけれど、雨の量はそれほどではありません。

雨が降ったり止んだりするため雲が多く、1日中日照が少ない傾向にあります。

それに対して、関西(西日本)の梅雨は、雨の降る日と晴れる日が比較的はっきり分かれるようで、雨がスコールのように降ることもあるとか。

そして、関西では梅雨末期に大雨が降る傾向があるため、土砂災害や洪水が起きやすいと言われています。

このよう同じ梅雨でも、雨の降り方の性質が違うため東日本の梅雨は『陰性梅雨(いんせいばいう)』、西日本の梅雨は『陽性梅雨(ようせいばいう)』と呼ばれることもあるようですよ。

どうしてこのような違いが起こるか簡単に言うと、西日本と東日本では、上空でぶつかっている気団の質が違う為だとか。

東日本にしか住んだことのない人が西日本に引っ越しをしたり、またはその逆になると、あまりの違いに驚くかもしれませんね!

とはいえ、気まぐれなお天気のことですから、毎年、同じ梅雨になる訳ではありませんよね。

その年によって、梅雨入り梅雨明け、その日数は違います。

 

関西(近畿)では、1963年には梅雨入りの時期がはっきりせず特定しなかったこともありましたし、東京(関東甲信)では、1993年の梅雨明けがはっきりしなかったこともあったようです。

気付いたら梅雨入りしていて、知らない内に梅雨明けしていたと言うのも、少し珍しいですよね!

関西では、2009年には、6月3日から8月3日まで、まる2か月間も梅雨の期間だったこともあったようですよ。

面白いのは、同年の東京では、梅雨入りは関西と同日なのに対し、梅雨明けが7月14日と関西より半月以上、早いという点です。

 

気象庁発表の過去の梅雨入りと梅雨明けのデータを見ると、関西よりも東京の方が早くに梅雨明けしている場合が、ちょこちょこあるのが分かります。

北上する梅雨前線の動きに逆らうような梅雨の明け方もあるということですね。

じめじめとした嫌な季節の梅雨ですが、もし、梅雨がない場合は、年間降水量の20~30%が失われると言われています。

また、最近では、真夏に都市部には『ゲリラ豪雨』が降ることが多くなっていますが、貯水池は雨が少ないといったこともあるようです。

日本に緑が多いのは豊富な水のおかげですし、毎日、水道から綺麗な水が出るのも、全て雨のおかげですから、梅雨の季節を疎ましがっては罰があたるかもしれませんね!

さいごに

梅雨の時期はいつからいつまでなのか?例年の平均期間を調べてみましたが、主に関西や東京の梅雨は、例年では6月上旬~7月下旬の間になります。

おおよその平均の期間は、およそ1ヵ月半ですが、気まぐれなお天気の事、その年によって大きく違うことがあるようです。

東京と関西の梅雨を比べてみたところ、例年の梅雨入り梅雨明けに大きな差はないようですが、ぶつかり合う気団の種類が違う為、雨の降り方が大きく違うことがわかりましたよ!

年間降水量の20~30%を占めると言われている梅雨は、日本にはなくてはならない物のようです。

毎年、訪れる梅雨を天の恵みと考えれば、憂鬱な気分も少しだけ上向きになるかもしれませんね!

Sponsored Links