沖縄県知事候補の佐喜眞淳(さきまあつし)氏

フランス留学経験もある、その華麗な経歴や

美人な妻(娘?)や父親など家族についても調べてみました。

 

沖縄県知事選挙2018を間近に控え

佐喜眞氏は自民党から出馬が決まっています。

 

翁長雄志前沖縄県知事亡き今、最も有力候補である

佐喜眞淳氏は今大注目の人物です!!

 

 

ボク的には沖縄県知事になる方だと思っているので

これまでの政治家としての実績や公約

それから米軍普天基地の辺野古移設の問題など、

 

日本の防衛に関わってくる大切な部分にも

注目して佐喜眞氏を見ていきたいと思います。

 

はじめパパはじめパパ

子供たちが安心して暮らせる沖縄にしてほしいんだ!

Sponsored Link

佐喜真淳(さきまあつし)の経歴

名前:佐喜真淳(さきまあつし)

生年月日:1964年8月9日 54歳

血液型

出身地:沖縄県宜野湾市

出身高校:沖縄県立普天間高等学校

出身大学:千葉商科大学商経学部

 

見た目、ダンディなおじ様的なイメージの佐喜眞氏

千葉商科大学を卒業後は、8年間フランスで暮らした経歴があります。

 

フランスから帰国後は旅行会社に勤め

その後、政治家転身されています。

 

沖縄県立普天間高等学校では「野球部」に所属し

千葉商科大学では「空手部」に所属していたそうです。

 

こうやって、若い頃からの経歴を見てみると

アクティブな人・行動力のある人・思い切りのよい人

というのがイメージできます。

 

10歳♂10歳♂

野球と空手ってかっこいいなぁ~

佐喜真淳(さきまあつし)の政治家としての経歴

フランス生活を経て、旅行会社へ勤務した後

37歳頃に政治家転身した佐喜眞氏

 

政治家になって20年近く経ちますが

政治家として着実にステップアップしており

しかも、一度も選挙で負けたことがありません。

 

【宜野湾市議会議員 時代】

当選回数:2回

2001年~2005年

 

宜野湾市議会議員には、2001年と2005年の2回当選しています。

2期目の途中に、沖縄県議会議員選挙に唾するため

任期途中で辞職しています。

 

【沖縄県議会議員 時代】

当選回数:2回

2005年~2010年

 

沖縄県議会議員時代にも、2期目の途中で

宜野湾市長選挙に出馬するため辞職しています。

 

 

【宜野湾市長 時代】

当選回数:2回

2012年~2018年

 

2012年2月に行われた宜野湾市長選挙では

沖縄与党が推薦する伊波洋一氏を約900票差の僅差で破り

大勝利を収めました。

 

2015年9月の2期目の宜野湾市長選挙では

前沖縄県知事の翁長雄志氏の「オール沖縄」を大差で破り

大方の予想に反した大勝利を収めています。

 

そしていよいよ今回は、沖縄県知事選挙に出馬するため

2期目の途中で、宜野湾市長を辞職します。

 

佐喜眞氏にとって、

  • 宜野湾市議会議員時代も
  • 沖縄県議会議員時代も
  • 宜野湾市長時代も

2期目はターニングポイントになっているようです。

そしてこれまで、勝負をかけた選挙で全て勝利しています。

 

 

ジジジジ

経歴も実績も選挙の強さも凄い人じゃの~

Sponsored Link

佐喜真淳の美人な妻(娘?)や父親など家族を紹介

佐喜眞淳氏はTwitterとFacebookなど

SNSアカウントを持っていて

自身の活動などをアップされています。

 

政治家としての活動を投稿されているようですが

稀にご家族の様子も取り上げられているので

探してみました。

 

↑この動画は2015年の宜野湾市長選挙へ

2期目の当選をされた時の動画です。

 

隣にいるのが奥様のようですが

それにしても、めちゃくちゃ美人な奥様ですね。

 

佐喜眞氏には娘の噂もあるようですが、

この奥様を見た人があまりに若く見えるので

娘と勘違いしたのかもしれませんね。笑

 

しかし、経歴や実績を見てわかるように、これだけの大物だと

2世議員(父親も議員)などと予想しがちですが

佐喜眞氏の父親に政治歴はなく、一般の人のようです。

 

はじめパパはじめパパ

父親や娘の情報は調査中でっす!

佐喜眞淳の公約や米軍普天間基地の辺野古移設について・・

沖縄県の長年の政治課題と言えば

  • 経済問題
  • 米軍普天間基地の辺野古移設

の2点の問題があります。

 

当記事を執筆時には、沖縄県知事を目指す

佐喜眞淳氏の選挙公約は発表されていませんが

沖縄県知事の佐喜眞氏がこの2点の問題に対して

どのように取り組んでいくか注目しています。

 

立場的に宜野湾市長時代には、自らの地域の中にある

「米軍普天間基地移設」を強く主張しており、実際に

前沖縄県知事の翁長雄志氏へも基地移設を訴え続けていました。

 

もし佐喜眞氏が沖縄県知事になったならば

「経済問題」や「辺野古移設」の問題も複雑に絡んできます。

 

八方ふさがりで停滞感のあった翁長氏よりも

政府と交渉のできる佐喜眞氏の手腕をどう生かすのか?

佐喜眞氏の公約や政治手腕には期待しています。

 

沖縄県知事候補の佐喜真淳(さきまあつし)まとめ

沖縄県知事候補の佐喜眞淳(さきまあつし)氏の

経歴や家族についてまとめてみました。

 

若い頃からアクティブで行動力のある佐喜眞氏

政治家としても着実にステップアップして

今回は沖縄県知事候補にまでなった人物です。

 

選挙結果はまだわかりませんが

 

 

 

もし沖縄県知事に就任したら

子供たちが安心して暮らせる沖縄にしてもらいたいと思います!

 

ママママ

佐喜眞さんってダンディだわ~♪

Sponsored Links