沖縄宜野湾市長候補の松川正則氏

 

沖縄県知事選挙へ出馬するため辞職した

前宜野湾市長の佐喜眞淳氏を副市長として

6年半支えてきた実績が評価され、

 

宜野湾市長選挙2018に出馬することが決定!!

 

今回は、そんな松川正則市氏の経歴や政治公約

政治活動を支える妻や家族構成について

調査してみたいと思います。

ママママ

一体どんな人なのかしら~?

新宜野湾市長候補:松川正則の経歴

名前:松川 正則(まつかわ まさのり)

生年月日:1953年9月

出身高校:宜野湾市野嵩高校

出身大学:琉球大学短期大学部

職歴:1973年4月宜野湾市役所に採用

   議会事務庶務課長、事務局次長、事務局長

   2012年3月から副市長

松川正則氏は、琉球大学短期大学部を卒業後は

宜野湾市役所へ就職をしています。

 

宜野湾市役所では、順調に出世をして

事務局長の地位にまで上り詰めた人物です。

 

その後、佐喜眞淳宜野湾市長が誕生したことで

2012年3月から宜野湾市副市長を務めていました。

 

政治家というよりは、市役所の中(行政)を良く知る

市政のプロ」として活躍してきた方のようです。

Sponsored Link

新宜野湾市長候補|松川正則の政治公約や争点は?

新宜野湾市長候補の松川正則氏の政治公約は

まだ公表されていませんが、基本的には

前市長の佐喜眞淳氏路線を引き継ぐものと考えられます。

 

宜野湾市には世界一危険な「米軍普天間基地」があります。

 

これまでは、基地の県内移設を認めなかった

翁長雄志前沖縄県知事と、基地の宜野湾市内からの移設

を訴えてきた前宜野湾市長の佐喜眞氏の間で

ねじれ現象が起きていたため、

 

結局、普天間基地の早期移設は実現しませんでした。

なので今回も普天間基地移設の問題は争点にならざるを得ません。

 

ボク的な予想では、

  • 沖縄県知事選挙2018
  • 宜野湾市長選挙2018

は、佐喜眞淳氏・松川正則氏のコンビが

このダブル選挙を制すると思っているので、

 

この普天間基地問題をどうするのか?

松川正則氏の公約には注目です!!

 

 

ジジジジ

重要な問題から公約で示してほしいの~

松川正則を支える妻や家族構成を紹介

松川正則氏は市役所勤務のいわば公務員から

沖縄の中でも大きい宜野湾市の副市長を務めあげ

さらに今回は、宜野湾市長選挙2018への出馬と大忙しです。

 

そんな松川氏の妻やご家族を調査してみましたが

松川氏自身もこれまで公の場に出ることが少ないようでした。

 

佐喜眞氏と違ってSNSも利用しておらず

奥様やご家族の情報は全くありませんでした。

 

もし宜野湾市長選挙ではご家族の姿がメディアなどにも

掲載されるかと思いますので、追記していきたいと思います!

 

 

 

はじめパパはじめパパ

宜野湾市長選挙の行方も調査していきますよ~!!

Sponsored Links