大自然の中を駆け抜けるトレイルランニング

一度、トレイルランニングを経験した人は、普通のロードランニングに戻れないとも言われるほど魅力的なスポーツです。

しかし、大自然の中を走るトレイルランニングの過酷さは、普通のロードランニングとは比較にならないほどとも言われています。

そこで、特に重要になってくるのが「トレイルランニング専用のシューズ選び」と「正しい履き方」です。

意外にロードランニングとの違いを理解してシューズを選べていないランナーが多いようです。

今回は、正しいシューズの選び方やサイズの合わせ方、おすすめの履き方をご紹介します。

Sponsored Link

 

トレイルランニングシューズの選び方

誤ったシューズ選びでやりがちなのが、「デザインや色」「価格やブランドバリュー」で選んでしまうことです。特に初心者ランナーほど、この過ちを犯してしまいがちなので注意してください。

素足になると左右の爪に黒爪が見られる人は、トレイルランニングの現場でよく見かけることがありますが、トレイルランニングで黒爪が出来る事は、仕方がないことだと諦めてしまってはいませんか?

正しいシューズ選びは、「黒爪などの足のトラブル」や「事故・怪我等」を未然に防ぎます。

走った後に後悔しないために正しいシューズ選びをしましょう。

ここでは、トレイルランニングシューズを選ぶ際のポイントを2つご紹介します。

ソールパターンで選ぶ

筆者が考えるに、トレイルランニングで1番重要なのは「シューズのソールパターン」です。

トレイルランニングで求められる機能を最低限満たした事を前提に、やはりコース上で滑らないことが1番大切なことです。

特に起伏の多いコースで、下り坂を克服することは完走の大きなポイントになります。

下りで滑る事に不安があると、恐怖心を抱くことにつながり、ランニングにもいい影響を与えません。

通常のロードランニング用のシューズは、ソールパターンが進行方向に向かって効くようにグリップを考慮して設計されています。

そのロード用ランニングシューズを履いて、トレイルランニングに挑戦すると滑るのは当たり前です。

トレイルランニングでは、必ず滑りに対して設計されたソールパターンを持つ専用シューズを選ぶことが重要です。

また最近ではロードでもトレイルでも走れるオールラウンドシューズが登場しましたが、その際もやはりソールパターンを注意深くチェックしてください。

ヒールカウンターで選ぶ

ソールパターンの次に重要なのが「シューズのヒールカウンター」です。

ヒールカウンターは、シューズのかかとを補強しホールド性を高めます。かかとのホールド性が高まることで、シューズ内で足が前に動いてしまうのを防ぎます。

もし足が前に動けば、ふんばろうとして足の指に力を入れてしまい、結果として「黒爪」や「靴ずれ」の原因にもなってしまいます。

ハードに使用されるレイルランニングシューズには、基本的にはほぼ全てヒールカウンターが入っていますが、試し履きをするなどして、自分の足に合ったシューズを選びたいものです。

トレイルランニングシューズの正しいサイズ

トレイルランニングシューズを選ぶ際は、「ソールパターンの効果」と「ヒールカウンターの効果」を最大限活かすためにも正しいサイズを選ぶ必要があります。

ハードな路面を走るトレイルランニングでは、シューズの中で足がずれやすくなります。もし、自分に合った正しいサイズを履いていない場合は、靴の中の足のずれが原因で色々なトラブルが発生する可能性が高まります。

トラブルを防ぐためにも、トレイルランニングシューズは正しいサイズを選びましょう。

自分の本当のサイズを知る

自分の本当のサイズを知るには、スポーツメーカーやスポーツ用品店などで定期的に開催している足のサイズの測定会に参加することです。

足のサイズを計る専用の計測器を使い、正しく測定してくれます。さらに、前後左右の重心のかかり方や足の裏の形などもわかるのでシューズ選びの参考にもなります。

筆者は普段、自分が履きごごちのいいと思っている「27.5cmのランニングシューズ」を履いていますが、足のサイズの測定会に参加して正しく計測してもらうと、足のサイズは「26.0cm」でした。

自分が履いている履き心地と、実際のサイズは違い、多くの人が大きめの靴を履いているのが現状のようです。

もし自分でサイズを計る際には、椅子に腰掛けた状態で足を90度に曲げて、足裏がきちんとアーチ形成された状態で計測してください。

トレイルランニングでは「指先が靴の前側に当たらないように1~1.5cm余裕のあるものを」という誤った情報もありますが、基本的には座った状態のジャストサイズを選びます。

メーカーにより異なりますが、元々シューズには捨て寸として1cmほど余裕を持って作られていますので、指先が靴の前側に当たることはありません。

筆者の場合も、座った状態の足のサイズは「26.0cm」で、立った状態が「26.8cm」だったので、26.0cmのシューズを選びました。

日本人の体型の特徴

現在、市場に出回っているトレイルランニングシューズのメーカーは海外製のものが多いようです。(日本製でない商品)

本来であれば、日本製で日本人の体型や骨格にあったシューズが豊富にあればいいのですが、海外メーカーのシューズを選ぶ人も多いでしょう。

そこで、日本人の体型の特徴を知り、トレイルシューズを選ぶ際の参考にしてください。

骨盤の直径が小さい

骨盤の直径の大きさは、日本人の平均が10cm、欧米人の平均が12cmです。

欧米人は太い骨盤で、体幹でしっかりと身体を支えるのに対して、日本人は前傾、もしくは後傾になりやすいと言われています。

そのため、欧米人は真っ直ぐな正しい姿勢でヒールストライクができ、ストライド走法が可能になります。一方で、日本人はヒールストライクが苦手なため、オリンピックで金メダルを獲得した高橋尚子さんに代表されるようなピッチ走法になるのです。

かかとが小さい

かかとが小さいと、ヒールカウンターにかかとが引っかかりにくくなり、かかとをしっかりと支えることが出来ません。

かかとを大きくすることはできませんので、シューズのサイズを選ぶ際には慎重に選びたいものです。

ワイズ(足囲)が小さい

日本人の足は甲高と言われていますが、実際にはワイズ(足囲)は小さめです。

靴を履いた時に、靴紐が長く余る人はサイズの合っていないシューズを選んでいる可能性が高いです。

ワイズ(足囲)が合っていなかったり、正しい靴紐の結び方が出来ていないと、シューズの横のホールドを活かせません。

Sponsored Link

トレイルランニングシューズのおすすめの履き方

トレイルランニングシューズを正しく履くことは、シューズ選びと同様に履き方もとても大事です。

「タイム」や「結果(完走)」に直結し、また「黒爪などの足のトラブル」や「怪我」を防ぎます。

おすすめの履き方

  1. シューズのかかとを地面にトントンと突いて、ヒールカウンターにしっかりとかかとを収めます。
  2. つま先と膝の向きがまっすぐ前を向いているかチェックします。
  3. 足首を曲げて親指が上に反るようにして、足首の腱を浮き上がらせます。この状態をキープするためにブロックや階段などの段差を利用できればベストです。
  4. シューレース(靴紐の始点)を両手の親指で押さえます。
  5. 手順4をキープしたまま、残りの4本の指でソールから生地を引っ張り上げて、足とシューズを密着させるイメージでたるみを伸ばしていきます。
  6. たるみがなくなったのを確認したら2番めの穴に紐を通していきます。
  7. シューレースを穴の上から親指で押さえつけながら、フリーになった指でシューズのたるみをとっていきます。
    この2番めの穴が一番大事で、ここが決まれば全体のセッティングがばっちりと決まります。
  8. 3・4・5番目の穴も同様に、生地を伸ばしてたるみを取り、シューレースが緩まないように注意して紐を締めていきます。
  9. 最後のヒールロックの穴に紐を通して、輪っかを作ります。(逆サイドも同様に)
  10. 指で生地を伸ばしながら、かかとの方から足首周りのたるみを取り除いていきます。
  11. 輪っかに通したシューレースを左右の手で持ち(できるだけ根元に近い所)、そのまま一文字の状態で真上、真下に数回引っ張ります。
  12. 最後は普通の蝶結びで締めますが、この時もシューレースが緩んでしまわないように注意してください。

さいごに

トレイルランニングシューズの正しいサイズ選び方は、まずは自分自身の足のサイズを知ることが重要です。

出来れば足のサイズの測定会への参加をおすすめしますが、自分でも出来るチェック方法も紹介していますので、参考にしてください。

また、シューズ選びと同様に重要なのが、シューズの履き方です。

慣れるまでは難しそうに見えますが、一度、慣れてしまえが意外と簡単なので、ぜひ練習してみてください。

Sponsored Links