三重県で、トレイルランナー憧れの場所といえば、「鈴鹿セブンマウンテン」ですね。

鈴鹿セブンマウンテンという名前の通り、7つの山脈が連なっており、とても1,000メートル前後の高さとは思えない美しい展望を誇ります。

7つの山それぞれに個性的な美しさを持ち、違う山城に入るたびに植生が変わり、景色も変化していきます。

しかし、魅力的な山が多いからこそ初心者のトレイルランナーにとって「どの山から挑戦する」かは悩みどころです。

子供たち子供たち

レベルに合った山を選んで、気持ちよく走りたいなぁ~

今回は、鈴鹿セブンマウンテンで初心者トレイルランナーにおすすめな山を難易度順でご紹介していきます。

Sponsored Link

 

7位 釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)

http://www.geocities.jp

  • 難易度:最も優しい
  • 標高:1,091m

鈴鹿山脈のほぼ中央に位置し、三重郡菰野町と滋賀県東近江市のちょうど間付近にあります。

名前の由来は、山の形が釈迦の寝姿に似ていることから付けられたようです。

名前からは想像しにくいが、場所によって上級者向けの鎌ヶ岳にも匹敵するほどの登山難易度を誇ります。確かに上級者も好む山ですが、近くまで行くと意外に怖がるほどの山ではないのがわかります。

山の三重県側は崩落が激しく、山道や山頂付近にはガレ場は大迫力!

登山の難易度は低めですが、荒々しい山の情景を感じたいトレイルランナーにおすすめです。

6位 藤原岳(ふじわらだけ)

http://www.yamakei-online.com

  • 難易度:易
  • 標高:1,144m

日本三百名山や関西百名山、花の百名山にも選ばれている藤原岳

山頂付近は比較的平坦で南側に開けているため、これから向かう山々(竜ヶ岳などの鈴鹿山脈)を眺めながら登山できる。

藤原岳は「花の百名山」としても有名で、ほぼ一年中を通して季節の花を楽しむことが可能です。

「福寿草(フクジュソウ)」は、2月終わりから4月頃まで山の8~9号目を黄色一色に染めます。

「節分草(セツブンソウ)」は、2月から3月頃に白い花を咲かせます。

9号目には避難所もあり、地元の小学生が遠足などで来ることもあるようです。

花の景色や香りを楽しみたいトレイルランナーにおすすめです。

5位 竜ヶ岳(りゅうがたけ、りゅうがだけ)

http://yukarin.sakura.ne.jp

  • 難易度:易
  • 標高:1,099m

竜ヶ岳の山頂付近はとても広く、しかも草原のような景色で、鈴鹿セブンマウンテンの象徴のようなイメージで使用されています。

宇賀渓からのメジャールートや、直近まで車で登れるので多くのハイカーが訪れます。

お弁当を持ってハイキングしたくなる場所ですが、強風時は隠れる場所がないため、注意が必要です。

トレイルランナーには、天気が良い日に登ってほしい山が竜ヶ岳です。

4位 入道ヶ岳(にゅうどうがたけ)

http://www.kojitusanso.jp

  • 難易度:易
  • 標高:906m

入道ヶ岳は、近畿百名山に選ばれています。

椿大神社の御神体とされる入道ヶ岳の山頂には、鳥居があり、その鳥居がフィニッシュポイントとなっています。

山頂の展望が素晴らしく、鎌ヶ岳や御在所岳が見え、海側には伊勢平野や伊勢湾から知念半島まで見渡すことができる。

登山口は、宮妻峡、椿大神社、小岐須渓谷(おぎすけいこく)の3箇所で、公共交通機関(バス)を利用して登山口まで行きましょう。

トレイルランニング初心者は、椿大神社からのルートをおすすめします。

Sponsored Link

3位 御在所岳(ございしょだけ)

http://www.jalan.net

  • 難易度:中
  • 標高:1,212m

鈴鹿セブンマウンテン7座の中で唯一、ロープウェイが通っており、1年中ハイカーが途切れない訪問者の多い山として有名です。

新緑や紅葉の時期には、数時間もロープウェイに並ぶ観光客もいるほどの人気です。

春には桜やツツジ、夏には赤とんぼ、秋は紅葉、冬は樹氷や冬山登山など1年を通して楽しむことができます。

山頂には売店があるため、縦走をするトレイルランナーの重要な補給場所にもなっています。

登山途中に「負ばれ岩」「地蔵岩」「大黒岩」「石門」「天狗岩」「ゆるぎ岩」「きのこ岩」などの地形も楽しむことができます。

トレイルランニング中級者がどの山にのぼるか迷ったら、御在所岳をおすすめします。

2位 雨乞岳(あまごいだけ)

  • 難易度:中
  • 標高:1,238m

三重県と滋賀県の県境に位置する雨乞岳

鈴鹿セブンマウンテンの他の6座と比較すると、かなり西側に位置しています。

鈴鹿セブンマウンテンを縦走(一気に制覇)する上級者は、御在所岳に行ってから雨乞岳に向かうか、先に雨乞岳に行ってから御在所岳に向かうかで、ルートが変わってきます。

谷沢峠から御在所岳へ直接登るルートは破線していましたが、2016年に復活しています。

やや難易度が高いコースなので、他のコースを完走したトレイルランナーにおすすめです。

1位 鎌ヶ岳(かまがたけ)

http://blog.goo.ne.jp

  • 難易度:高
  • 標高:1,161m

かっこいい山と言われる鎌ヶ岳ですが、鈴鹿セブンマウンテンの中でもっとも難易度の高いコースです。

鈴鹿山脈の中で最も鋭峰で、鋭く切れ落ちたような山々は鈴鹿きっての難コースとなっています。

余裕を持った時間設定や気候や天気などを注意深く見て望む必要があります。

難コースの鎌ヶ岳を完走できれば、上級者といえるでしょう。

さいごに

鈴鹿セブンマウンテンは7つの山脈が連なっており、それぞれの山それぞれに特徴があり、トレイルランナーに人気のコースです。

今回は、初心者トレイルランナーにおすすめの鈴鹿セブンマウンテンを難易度順にご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

またさらに、トレイルランニング上級者の方は(累積標高5,000m、総走行距離45km)鈴鹿セブンマウンテンの縦走に挑戦することも可能ですよ。

Sponsored Links