トレイルランニングのレースで最後までスタミナを維持するために、上手な水分補給はレースの鍵を握ります。

水分補給は、完走を目指す初心者ランナーにとってもタイムを狙う上級者にも変わらず大切なことです。

そのため、普段の練習や大会まで使用する頻度も多くなるハイドレーションパックですが、なかなかお手入れが大変です。

そこで今回は、ハイドレーションパックの洗い方乾燥方法についてまとめていきたいと思います。

この方法でメンテナンスをすれば、カビが生えて後悔することも、キャメルの臭いが気になることもなくなりますよ!

Sponsored Link

 

ハイドレーションパックの洗い方

ハイドレーションパックを使用した後は必ず洗ってメンテナンスをします。

そうすることで、カビや雑菌の増殖を防ぎ、清潔に長く使用することが可能になります。

トレイルランニングを気持ちよく走るためにも、清潔なハイドレーションパックで綺麗な水分を補給したいですよね。

そして、洗い方の前に注意してほしいのが、ハイドレーションパックの中に入れる水分についてです。

スポーツドリンクはビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、カビや雑菌が繁殖しやすく、お手入れも大変になるためです。

普段からハイドレーションパックに入れる水分は基本的には”水”がおすすめです。

洗い方の動画

 

ハイドレーションパックの洗い方に決まりはありません。

メーカーによって耐熱温度など違いがあるので、必ず事前に取扱説明書を確認してください。

しっかりと洗いたい方にはハイドレーションパック専用の”洗浄キット”や”洗浄タブレット”があります。

ハイドレーションパックを放置しておくと簡単にカビが生えてしまいます。

一度カビが生えてしまうと、なかなか元通りの綺麗な状態に戻すのは大変です。

後悔しないためにも普段からしっかりとしたメンテナンスを心がけましょう。

ハイドレーションパックの乾燥方法

出典:ナチュログ

ハイドレーションパックはチューブや接続部分など、細かい部品が多いのが特徴です。

チューブは吊るして、接続部分などの細かい部品は清潔なタオルの上などに広げて乾燥させましょう。

パック部分は動画でも説明しているように、キッチンペーパーなどを活用し、開口部を広げるようにしておくと効果的です。

洗い方と同じくらい大事なのが乾燥方法です。

十分に乾燥したらそのまま放置せず、それぞれのパーツを組み立てて保管しておきましょう。

Sponsored Link

ハイドレーションパックのキャメルの臭いの消臭方法

ハイドレーションパックのキャメルの臭いが苦手!という方も多いと思います。

あのゴム特有の独特の臭いはなかなか頑固ですが、使用していくうちに少しずつ無くなっていきます。

そうは言っても、トレイルランニングを楽しんでいるのに、あの臭いの付いた水の味を感じてしまうと、テンションが下がってしまいます。

買ったばかりのハイドレーションパックのキャメルの臭いの消臭方法をご紹介します。

レモンを絞って冷凍庫で凍らせ消臭する

先程の動画でも説明した通りですが、ハイドレーションパックに一番ダメージの少ない方法です。

少しでもキャメルの臭いを軽減したい方におすすめです。

家庭用の重曹で消臭する

軍用のハイドレーションパックを使用する際に人気の方法のようですが、家庭用の重曹をキャメルの臭い対策に使用しているようです。

用法用量を守って一晩つけ置きするのがポイントのようです。

キャメルの臭いが強烈な方におすすめです。

家庭用のキッチンハイターで消臭する

購入したハイドレーションパックが塩素OKのものであれば、ご家庭にあるキッチンハイターでも消臭対策が可能です。

こちらも用法用量を守って使用してください。

さいごに

ハイドレーションパックの洗い方や乾燥方法についてまとめてみました。

ハイドレーションパックは特徴的な形状のため、なかなか普通のスポンジだけで洗浄するのは大変です。

しっかりと洗いたい方は”専用キット”や”タブレット”などを使用してみてくださいね。

カビが生えて後悔する前に、しっかりとメンテナンスをしておきたいものです。

また、気になるキャメルの臭いの消臭方法についても3つほどご紹介しました。

実際のトレイルランニング時にキャメルの臭いでテンションが下がらないように、しっかりと対策をしておくことをおすすめします。

Sponsored Links