海外旅行先で、『あのグッズを日本から持ってくれば良かった!』と思ったことはありませんか?

現地で調達しようと思ったら、海外ではなかなか売っていない、やっと見つけたと思ったら、大きいサイズしかないなどいうこともしばしば…。

実は日本ほど、旅行に向いた便利グッズを売っている国はありません!

しかも、100均のお店には、安くて使えるグッズがたくさんありますから、活用しない手はありません。

今回は、海外旅行中に対応できる、持っていけば安心のグッズを集めてみました!

Sponsored Link

 

旅行便利グッズを揃えるのは100円均一がおすすめ

海外旅行へ行くとなると、事前に日本で色々と準備して行ったほうが安心です。

海外旅行は初めて訪れる場所も多く、外国では土地勘もありません。言葉でコミュニケーションをとることも困難ですよね。

不安な方ほど準備をしすぎるということはなく、万端にした方が何かといいでしょう。

そんな時に便利なのが「100円均一ショップ」です。

現在の100円ショップは品揃えが豊富で、100円ショップのみで、ほぼ海外旅行で必要な小物は全て揃ってしまうほどです。

そこで、筆者おすすめの、海外旅行に便利なグッズおすすめ10点を、ご紹介したいと思います。

今回は100円均一をご紹介しますが、「無印良品の海外旅行便利グッズ」や「東急ハンズの海外旅行便利グッズ」などにもおすすめの小物がありますので比較してみてくださいね。

海外対応で安心の小物ランキング

海外旅行対応の安心小物は沢山ありますが、今回はその中でも筆者が特におすすめするランキング10選でご紹介します。

10位.ちょっとお役立ちのグッズ

以外な効果を発揮する、あると便利なグッズです。

  • 携帯用裁縫セット

    思いがけずボタンが取れてしまった時などにあると便利です。
    携帯用ハサミが入っているときは、機内手荷物には持ち込めないので、スーツケースに入れましょう。
  • 電卓

    現地通貨を日本円に換算する時など便利です。
    スマホの電池を節約したい時にどうぞ!
  • マスキングテープ

    貼って剥がせるマスキングテープは、袋の口を閉じたり、ちょっとした修理にも使えます。
    かさばらないので、1巻き持っていると便利ですよ。

 

 

9位.アイマスク・耳栓・トラベル枕

海外旅行は普段経験できないことだらけで楽しいですが、なかなか疲れるものです。

疲労を貯めない為にも、長い移動中はなるべく休息を取りたいものです。

アイマスクや耳栓は、機内やバス、電車での移動時にあると重宝しますし、ドミトリ―などの、相部屋の時もあれば便利です。

また、首に使うトラベル枕は、空気で膨らますタイプの物なら使わない時はぺちゃんこでかさばりません。

最近は、表面がふかふかした布などのタイプもありますから、ビニールの冷たさや、すべりが苦手な人も使えそうですね。

8位.ファスナー付きビニールケース

荷造りの段階で、小物をまとめておくのに便利なのが、ファスナー付きのビニールケースです。

厚手のビニール製の物が多いですし、大きさもいろいろ、まち付きの物もあるで用途に合わせて数種類を使い分けてもいいですね。

筆者の場合は、色々なサイズのファスナー付きビニールケースを準備して現地で用途に応じて使用しています。

  • 携帯の充電器などの小物
  • 洗面道具の小物
  • ガム、お菓子、補助食品
  • お土産の小物類
  • 洗濯物

多少の防水も期待できるので、ビーチやプールへ出かける際に携行して濡れた衣類を入れることも出来ます。

クルクルとまとめて旅行バッグの中に忍ばせておくのがおすすめです。

7位.除菌シート・ウェットティッシュ

手を拭くのはもちろん、テーブルを拭いたり、トイレの便座を拭くのにも使えます。

海外の飲食店などでは「お手拭き」を準備していないところも多いので、衛生面を考えると「除菌シート・ウェットティッシュ」は必須です。

色々な場所を触ってしまう子供と一緒に海外へ行く場合には絶対に必要ですね。

あまり大きい物はかさばるので、小さいタイプの物を持ち歩き用のバッグ1つ、予備をスーツケースに1つずつ入れておくと良いです。

6位.雨具(ビニールポンチョやレインコート)

天気が予想しにくく、スコールのようなどしゃぶりも発生する海外

日本でなら、コンビニなどどこにでも売っている安いビニール傘は、海外ではなかなか手に入りません。

日本のように、コンビニが点在している国は珍しいですからね!

そんな時のために、携行の雨具(ビニールポンチョやレインコート)を持っておくと安心です。

100円均一の雨具は、軽くてコンパクトなので、持ち歩きには最適です。さらに、惜しまず現地で処分できることも魅力ですね。

5位.洗濯グッズ(洗剤・ネット)

海外旅行は短期だけでなく、長期間になることも多いと思います。そうなると、途中で必ず洗濯をする必要性が出てきます。

海外で外国語表記の洗剤や柔軟剤や選択道具を使用するのは不安な場合があります。

ホテルのランドリーを使うのも良いですが、小物であれば、ちょこちょこと洗ってバスルームに干しておきたい場合もあります。

そんな時に持って行くと便利なものが、小分けの洗濯洗剤や洗濯ネットです。

海外の洗剤は成分が不安なことや、臭いが強烈なこともあるので、やはり使い慣れた日本製のものが安心です。

さらに、洗濯ネットは当然のように重宝します。また、小型の折り畳みのピンチハンガーなども用意しておくと完璧ですね。

4位.S字フック

バッグ類やハンガーを掛けたい時に使えるのがS字フックです。

素材はプラスチックや金属などがあり、大きさも豊富です。

最近は、角度のついたS字フックもありますから、使う場面にあわせて持っていくと良いですね。

Sponsored Link

3位.南京錠やナンバー錠

鍵のついていない荷物には、南京錠やナンバー錠をつけておけば安心ですね。

ワイヤー付きのナンバー錠なら、ホテルで複数の荷物を預ける時バラバラにならないようまとめたりするときに役立ちます。

ただし、機内預け荷物には鍵を掛けない決まりになっている場合もあるので、その時はスーツケースには南京錠やナンバー錠はつけないでください。

最悪、鍵を壊されてしまう場合もありますから注意が必要です。

2位.衣類圧縮袋

明日、帰国だけれど、おみやげを買い過ぎてスーツケースの蓋が閉まらない!なんて事にならない為に、持って行くと重宝するのが、衣類圧縮袋です。

特に観光目的の海外旅行の場合は、荷物を目減りさせてくれる圧縮袋があると便利です。

100円均一でも見かけますし、サイズも豊富です。布団圧縮袋と違って、掃除機が不要なものもあります。

使い方は、衣類を入れた圧縮袋の口を少しだけ開けて、空気を抜くようにくるくると海苔巻きを作るような感じで巻いていくだけ。

最後に、口を完全に閉めておしまいという手軽さです。

かさばる衣類を圧縮することで、スーツケースに新たな空間が誕生しますよ!

圧縮させる衣類は、帰国後に洗濯する物や、しわになっても大丈夫な物にしてくださいね。

1位.折り畳みスリッパ

海外のホテル、特に欧米のホテルでは、靴のまま室内へ入って過ごすのが常識のため、スリッパの用意がないホテルもあります。

海外の土地を歩き回って疲れた足を癒やすために、ホテルの部屋で靴を脱いでリラックスするために、ぜひ持って行きたいマストアイテムです。

特におすすめなのが「折り畳みスリッパ」です。

機内持ち込み手荷物にしてもかさばらないので、飛行機の中でも長いフライトで重宝します。

以上、海外旅行に持って行くと安心小物をお届けしました!

ここで紹介した以外にも、100均のお店には、海外で対応できそうなグッズがたくさんあると思います。

必要に合わせて、旅行用品を揃えてくださいね。

さいごに

海外旅行の便利グッズ100円均一の筆者のおすすめランキング10選をご紹介しました。

日本と違って、海外ではすぐに手に入らない小物も多いので、100円均一で入手可能な『便利グッズ』は日本から持って行くと安心ですよ!

ちょっとした工夫で、旅行がより快適になりますから、ぜひ、ご紹介したグッズを旅のお供の参考にしていただけたらと思います。

無印良品の海外旅行便利グッズ」や「東急ハンズの海外旅行便利グッズ」などのおすすめグッズ10選を比較して選んでみてくださいね!

それでは、楽しいご旅行を!!

Sponsored Links