東急ハンズに行くと、目から鱗の便利アイテムが盛りだくさんですよね!

とても楽しくて、思わずあれもこれも見入ってしまい、ついつい長居をしてしまうことも。

そんな便利なアイテムが多い東急ハンズの中でも、旅行関連の便利グッズは特に豊富です!

旅先の色々な悩みを解決してくれる便利グッズを手に入れておきたいところです。

そこで今回は、ずっと使える便利な海外旅行グッズをおすすめランキングにしてお届けしたいと思います。

Sponsored Link

 

海外旅行便利グッズは東急ハンズ!長期で使えるアイテムが豊富

数々の便利グッズを揃える東急ハンズですが、旅行用品は特に豊富

そんな、数あるグッズの中から、今回は長期で使える便利なアイテムをピックアップしてご紹介したいと思います。

何度も海外旅行へ行く方(もちろん国内もOK)は、長期で使えるものを購入しておいた方が、長い目でみるとお得になることが多いです。

旅の安心のため、本当にいい商品を選びたいものですね。

海外旅行便利グッズ東急ハンズのおすすめランキング

海外旅行便利グッズ(東急ハンズ編)筆者が実際に使用したものや気になったアイテムをランキング形式でご紹介していきます。

10位.リッターバッグ・機内持ち込みセット

国内線と違い、国際線の飛行機では、機内手荷物として持ち込める液体の量や形式が決まっています。

持ち込み可能となるのは、『100ml(g)以下の容器に入った液体物で、容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋(縦20㎝以下×横20㎝以下で、まちなしの物)に入ったもの』だけで、一人1個と決められています。

また、100ml以下の容器でも、透明のプラスチック製袋に入っていない場合は持ち込みができなくなっています。

これらの条件に合わない場合は、セキュリティで没収されてしまい、処分されてしまいます。

そんな事にならない為には、この『リッターバッグ・機内持ち込みセット』を使えば問題解決!(税込み1080円)

国際線への持ち込み可能な容量内の持ち込み袋やボトル等がセットになっていますから、制限を超える心配がありません。

容器類が、安心の日本製なのも嬉しいですね。

機内持ち込みの出来ない液体物は、スーツケースに入れて預けてしまえば問題ありませんから、機内持ち込みする化粧水や乳液、クリームなどは必要最低限に抑えましょう。

また、使い捨てコンタクトレンズなども液体に分類されるので、機内持ち込みする場合は、透明プラスチック製袋に入れておきましょう。

9位.ミヨシ ラゲッジスケール

機内に預入るスーツケースの重量や個数については、航空会社や座席クラスによって様々です。

ですが、共通して言えるのは、『重量オーバーした場合は、超過料金を払わなくてはならい』こと!

国にもよりますが、この荷物の超過料金が意外と高いんです。

荷造りしたけれど、空港のチェックイン時に重量オーバーが発覚し、どうしよう!?なんてことにならない為にも、前もってスーツケースの重量を知っておけば安心ですよね?

ですが、旅行前ならまだしも、旅行の帰りでは、ホテルでスーツケースの重さも計れない…なんて時に重宝するのが、この『ラゲッジスケール』です!(税込み2138円)

使い方はとても簡単。スケール本体をスーツケーやカバンの取っ手に通して、持ち上げるだけで計測できます。

両手を使うので、グラつきが少なく安定して計測ができますよ。

最大40kgまで計測可能ですし、電池がセット済みなので購入してすぐに使えるのも嬉しいですね!スマートな形状なので、荷物として持って行ってもかさばりません。

ホテルで重さを測っておけば、万が一、重量をオーバーしてしまっていても、そこで荷物を分散するなどの調整ができますから、荷物の超過料金を支払う危険が無くなりますよ!

8位.セキュリティウエスト

慣れない海外旅行だと、いろいろと心配は尽きませんよね?

言葉の問題や習慣の違い…そんな中でも、セキュリティに関しては、もっとも注意したいことの一つではないでしょうか?

ホテルの部屋にセーフティボックスがあれば良いですが、フロントに預けなくてはならない場合は会話が億劫ですし、それすらない場合は、自分で管理するしかありません。

ですが、大事なパスポートや帰りの航空券、現金などを部屋のスーツケースの中に置きっぱなしは不安…。

そんな時は、思い切って、身に着けて出かけましょう!

この『セキュリテイウエスト』は、ウエストポーチ型の貴重品入れ。(税込み2106円)

旅行ガイドブック『地球の歩き方』の多くの読者からの意見や感想を十分に取り入れ、旅のトラブル予防を考慮し誕生したそうです。

特徴は、ファスナーポケット大小3室付きで、大きなファスナーポケットはパスポートや航空券が折らずに入るように設計されています。

ウエスト約62〜102cmまで対応、根元に伸縮ゴム地使用で体にフィットする設計となっていて、着衣の下に着けても目立ちませんし、長調節や着脱もバックル付きで簡単です。

テイジンの抗菌・防臭加工生地『ケミタック』を使用し、汗をかいても優れた蒸散作用で快適さを維持ししてくれます。

盗られてから後悔するよりは、取られない防犯対策を考えたいですね!

7位.コンサイス フットレストスウィング

海外旅行は、長時間のフライトの場合も多いですよね。狭いエコノミーシートで十数時間なんてことも良くあります。

なるべく、席を立って手足を伸ばしても、どうしても足がむくんでしまいますよね。

そんな、長時間の移動がとっても快適になるのが、携帯足置き台の『フットレストウィング』です!(税込み1944円)

飛行機などの、前の座席に備え付けテーブルの支柱に掛けるだけで、手軽に足置き場が設置できますよ。

お好みに合わせて長さの調節ができますのも便利ですね。

このフットレストがあるとないでは快適さが違う!という口コミも多いようですから、一度、お試ししてはどうでしょうか?

6位.サイレンシア フライトエアー

飛行機の上昇・下降時におこる急激な気圧の変化で、耳が痛くことがありますよね?

普段は痛くならなくても、体調が悪い、風邪や花粉症が原因で鼻が詰まっているなどで痛くなることも…。

そんな症状が起きる飛行機の離陸時と着陸時に、この耳栓『サイレンシア フライトエアー』装着するだけで、厄介な痛みを緩和してくれます。(税込み1188円)

繰り返し使えるのも助かりますね!

サイズは、通常の物と、女性やお子様など耳孔の小さい方タイプがありますから、購入の際はご注意くださいね。

5位.コンサイス シーバンド

旅行は好きだけど、乗り物酔いが心配…ということも。

そんな時、この『シーバンド』を両手首に着けるだけで乗り物酔いの不快感を和らげてくれます。(税込み2268円)

使い方は、リストバンドのボタンが、手首の内側の少し下にある、『内関(ないかん)』というツボにあたるように調節するだけ。

普段は乗り物酔いをしない人も、海外旅行だと時差ボケが原因の睡眠不足から乗り物に酔いやすくなる場合もあるので、1組持っておくと安心ですね。

4位.どこでも洗濯パック

国内旅行に比べて滞在する期間が長くなる海外旅行では、途中で洗濯をする必要がある場合もありますよね!

そんな時に重宝しそうなのが、この『どこでも洗濯パック』です。712円(税込)

なんだかアニメ「ドラえもん」の道具みたいなネーミングですが・・

チャック付きの袋に、水と洗剤、下着等の洗濯物を入れて、揉んだり振ったりするだけで簡単にお洗濯ができるのです。

すすぎ後、袋をまるめながら脱水すすれば洗濯完了。袋は、繰り返し使えるので経済的ですよ。

(洗剤は、付属のもの以外でも使えるようですから、お好みのもので)

Sponsored Link

3位.JTB eeコンパクトハンガー&JTB eeミニ洗濯ロープ

ホテルの部屋で洗濯をしたけれど、干すスペースが少ないときには、この二つのグッズをおすすめします。

一つ目は、携帯に便利な『折りたたみ式コンパクトハンガー』(税込み594円~)

この、二つに折りたためるコンパクトハンガーには、洗濯ピンチが左右4個ずつ付いています。

内側に靴下や下着などをピンチではさみ、ハンガー部分にシャツなどを同時に干すことが可能。

ハンガーを掛ける場所がなくても、付属の吸盤を張り付ければ問題解決ですね!

二つ目は、『洗濯ロープと洗濯ピンチのセット』(税込み594円~)

洗濯ロープのセットは、両側にフックのついた長さ調節できる3mのロープとピンチが6個、吸盤が2個付いています。

バスルームの壁などに吸盤を貼り付け、ロープのフックを掛けるだけで簡単に洗濯ロープを張ることができますよ。

2位.ファルコン 携帯シャワーファル

海外では、日本のようなシャワー付きトイレは、あまり見かけません。(ヨーロッパのホテルでは、ビデ用トイレがある場合もありますが)

旅行中もトイレのシャワー機能が欲しい人には、この携帯用ウオッシュレット『ファルコン 携帯シャワーファル 』をおすすめします!(税込み2052円)

付属されているボトルに水(約300ml)を入れて、持ち運びができますから、必要な時にさっと使用できますよ。

また、市販のペットボトルに取り付けるタイプの『ファルコン 携帯シャワーファルウオッシュ・ミニ(税込み703円)』もありますから、使いやすい方を選んでみてはいかがでしょうか?

1位.ミヨシ 折りたためるトラベルケトル

重さ約500gでポット部分がシリコン製で折り畳みできる、携帯用電気湯沸かし器『折りたためるトラベルケトル』(税込み4298円)

海外のホテルでは、ルームサービスでお湯を頼むだけでもチップが必要な場合もありますから、自分でお湯を沸かすことができれば助かりますね。

容量は500mlと、2~3人分のお茶を十分入れることができますし、保温機能も付いて便利です。

使用電源AC100~127V/220~240V、50/60Hzとなっていますので、旅行先で使えるかご確認くださいね。

以上、東急ハンズで買える、おすすめ旅行アイテムをランキング形式でご紹介しました。

どれも、海外旅行に役立つものばかりですから、用途に合わせてご検討してみてはいかがでしょうか。

さいごに

海外旅行便利グッズで東急ハンズのおすすめを筆者独自のランキングでご紹介してきました。

長期で使えるアイテムが豊富に揃っている東急ハンズの旅行グッズは、ちょっとお値段のはる物もありますが、一度買えばずっと使えるアイディア満載で便利なアイテムばかりです。

旅行の多い方はこの際に、ご紹介した商品の購入を検討してみてはどうでしょうか?

また、当サイトでは「100円均一の海外旅行便利グッズ」や「無印良品の海外旅行便利グッズ」もご紹介していますので、ぜひ比較検討してみてくださいね!

海外旅行の際の参考にしてみてくださいね!

Sponsored Links